地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

入院体験談

即入院!を言い渡された私のアトピー入院の体験談その①

更新日:

アトピー入院

私の人生、本当にアトピーに左右されてきました。
いろいろな悩みを抱え頑張って生活をしてきました。

私のようにアトピーで寝たきりになるくらい
ひどいと本当にいろいろな面で支障が出てきます。

体だけでなく、精神面でも。

正直、顔では笑顔を作れても、心はかなり病んでいました。

さてそんな私ですが、あまりの悪化にもう無理だと
判断した父に勧められて、地方にある有名な病院へ行くことになったのです。

まずは入院前までの体験談を紹介しています。



ありえないくらいアトピー悪化した体験談

私のアトピーは、良くなったり悪化したりの繰り返し。
正直、人生の中で寝たきりになるくらいアトピーが悪化したことは、
何度あることか^^;

さてそんな中でも一番悪くなったのではないかと
思えるくらい悪化した私。

全身が肌ボロボ

全身が肌ボロボロ。
ジュクジュクした液が体からも顔からも出る状態

だから、夜寝て、朝起きると、
皮膚のカスが両手いっぱいになるほどです。
※これ嘘ではないです。本当です。

全身にアトピーが悪化していると、それくらい皮膚が
ボロボロととれるんです。

たぶん、アトピーでない人や、軽度のアトピーの人は想像がつかないと思います。

高校時代のように、首は回らない、腕は曲げられない、
脚も曲げられない。

痛くないように動こうとするから動作も遅い。

さてそんな私のアトピーですが、実は今回が、
一番、顔のアトピーがひどくなったのです。

アトピープロフ
no image
アトピーの気持ち管理人プロフィール

訪問ありがとうございます。 「アトピーの気持ち」管理人のタクです。 当サイトの趣旨については別途こちらのページでお話していますので、当サイトを利用する前に一度、読んでみてくださいね。 ⇒「アトピーの気 ...

女子高生に電車の中で言われた一言

どんなにアトピーがひどくても引きこもらなかった私。
高校時代もあまりの痛々しい姿に先生も休んでいいぞと
いうほどの状態でも通っていました。

さてそんな大学卒業後もどんなにアトピーがひどくても
引きこもらなかったわけで、外にも出ました。

電車にも乗りました。

そんな時の出来事です。

正直、一番ショックな出来事だったので、今でも
忘れずに覚えています。

私は電車のドア近くに立っていました。

そしてその反対のドアに女子高生が4人いました。

そこでこっちを見てヒソヒソ話をしているのです。

そこで聞こえた一言が、

「なにあれ?気持ち悪い、何なの?病気?」

という言葉です。

気持ち悪いと言われショックを受ける

まあ私の人生の中でもトップクラスのアトピーが悪かった時期。

特に顔に関しては、ジュクジュクはしていましたし、
肌の色は赤いというか赤褐色というか、

ゾンビみたいな顔

でした。

これがピッタリの言葉でイメージしやすいと思います。

もうアトピーという病気すらかもわからないみたいな^^;

そんな状態だった私。
両親も心配をしていて、偶然に見つけたかなり遠い地方の
入院施設もある皮膚科へ診察に行くことになったのです。

アトピーが悪化しすぎで入院施設もある地方の病院へ診察に行く

どうしようもないくらい悪化したアトピー。
親が偶然にも見つけたとても有名なアトピーなどで入院もできる
施設があある皮膚科へ新幹線に乗り行きました。

日帰りはできないことはないですが、遠いので、
一泊し翌日の午前中に診察の予約を入れていきました。

とても有名な病院で、時には入院するまで数か月待ちする
こともあるという病院。

全国からアトピーで悩む患者が多く訪れる病院。

あまりに有名なので、駅から遠い場所でしたが、
駅にいるタクシーの運転手に伝えると、すぐに

「あそこですね」

とわかるくらいでした。

タクシーの運転手いわく、その病院を行くために
タクシーを使う人はすごく多いとか。

とりあえず診察だけのつもりで行った結果

入院しなさい

とりあえず診察だけのつもりで行った私。
待ち時間もそこそこあり、やはり診察患者は多いんだなと。

いざ、診察室へ・・・

入った瞬間、

先生から言われた一言

「お~これはひどいな、このまま入院しなさい」

と。。。

え?

入院って、準備も何もしていないで来ているんだけど?

とりあえず、必要なものは買ってきて、
あとは送ってもらいなさい

と先生が言う。

しかし、私自身、まったくもって何も準備をしていないし
友達にも何も話をしていないし、

やはりどうしても一度、帰ってからすぐに来ます!

と説得してその日は帰ることに。

すぐに新幹線に乗り、東京へ帰り、入院準備に取り掛かる。

そうそうその当時、PHSが主流なときでしたので、
私が持っていたのはPHS。

しかしそれだと地方は電波が届かない可能性があるから、
携帯に替えてから、2日後に地方へ向かいました。

この時は、まだ知る由もなかった私。
私自身を変える、アトピー人生を大きく変えるようになるとは・・・

入院治療法
アトピー入院
アトピーで入院したとき行っていた治療法~入院体験談その②

アトピーの入院施設がある病院で診察してもらった私。 ヘタをすれば入院するまで何日、あるいは何週間、1か月と待たなければいけないことがある病院。 そんな病院に診察してもらったときは、運が良かったのか、偶 ...

-入院体験談

Copyright© アトピーの気持ち , 2019 All Rights Reserved.