地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピー薬・保湿剤関連

サトウザルベでアトピー良くなる?副作用などがあったのか自身の体験談

更新日:

軟膏

アトピーの治療といて皮膚科で処方されることもあるのが、サトウザルベです。

実は、3歳、4歳くらいのときにアトピーの湿疹が
少しあったくらいの時に処方され使っていたのがサトウザルベです。

私がアトピー治療で初めて使った軟膏ですね。

そんな時の体験談っていつの話だよ!

って思われるかもしれませんが、安心してください。
私が大人になり入院している時にも使っていたことがあるので、
その時の使ってみての変化などについて書いていますので^^

それでは私がアトピー治療で使ったサトウザルベでは、
そんな変化があったのか?読んでみてください。

アトピーのどういった状態の時にサトウザルベを使ったの?

サトウザルベを入院時に使いました。

入院するほどアトピーが悪化していたどころではなく、
先生に「即入院!」を言い渡された私。

入院体験談の記事はこちらです。

それくらい状態がひどかったのに、なぜステロイドではなく、
サトウザルベを使うことになったのか?

その理由は簡単です。

私がステロイドの使用を拒否したからです。

拒否というと、ちょっと大げさですが、

今までもほぼステロイドに頼らず頑張ってきたので、
できれば使いたくないと話したことで、サトウザルベを使うことにしたわけです。

サトウザルベの効果とは?

ステロイドは使わない・・・じゃあサトウザルベにしましょう!

となった理由には、やはり私の肌の状態にもあったと思います。

サトウザルベは、ジュクジュクしているような場所に塗ると、
乾燥させてくれる効果があるからです。

簡単に言えば、かさぶたではないですが、
そんな感じを目指して肌の修復を促すために使用しました。

入院時に使ったサトウザルベでアトピーは良くなったの?

サトウザルベ。
亜鉛華単軟膏に分類される軟膏。

まああんまり難しい話は置いておいて、
サトウザルベを使った結果どうなったのか?
よくわからない

ということですが、これまたよくわからない結果となりました。

だから途中でサトウザルベから軟膏を他のものに
切り替えたのを今でも覚えています。

入院時にサトウザルベを使い、ある程度の期間が過ぎました。

先生的にはある程度、落ち着いても良いと思っていたようですが、
そうならずな結果でした。

そんな時、先生と話をしていたのが乾燥についてです。

そうサトウザルベは保湿性能があるわけではありません。

もともと乾燥させる成分が配合されているクリームです。

私の場合、乾燥すると、そこからジュクジュクになりやすいみたいで、
その結果、サトウザルベで乾燥させても、皮膚の状態が
良くならない状態が続いた感じでした。

今、振り返ると、この当時から、アトピー肌による乾燥がひどかったので、
私には保湿に徹するのが一番ベストな方法だと思うところです。

サトウザルベは赤ちゃんでも使えるの?

サトウザルベは赤ちゃんでも使える軟膏なのかというと使えます。

私がアトピーではない赤ちゃんの時に、
実はかぶれている部分などに使用していました。

この当時は、アトピーではなく、ちょっとした肌荒れや
かぶれに使っていたようです。

サトウザルベのデメリットは?

サトウザルベを使うデメリットについて
書いておこうと思います。

なぜサトウザルベの副作用ではなく、デメリットなのか?
というと、他のページでも書いていますが、私は皮膚科の先生ではありません。

だから詳しい副作用については説明できるほどの知識がないからです。

しかしデメリットは、あくまでも私がサトウザルベを
使って感じたことなので、それくらいは紹介しておこうかなと思い
書こうと思ったわけです。

さてサトウザルベを使うデメリットは、

サトウザルベを使うデメリット

白くなる!

ということです。

ちょっと腕に湿疹がある程度の人で使うなら、
気にする必要はないでしょう。

私のように顔にアトピーがあり、ゾンビのように
ただれてしまった皮膚にサトウザルベを塗るとしたら、厚塗りになるわけです。

まるで舞妓さんのように。

笑えないですよ。
入院しているからこそできる塗り方です。

体なら服を着て出かけるので、良いですが、
顔にサトウザルベを使う人は要注意です^^

あとこんなものも試したことがあります。

-アトピー薬・保湿剤関連

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.