地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーケア改善

ワセリンでアトピーは改善できる?自身の体験談

更新日:

ワセリン

アトピーの保湿の為にワセリンを使っていました。
そんな私のワセリンを使ってみてのアトピー改善に効果はあったのか?
自身の体験談を紹介しています。

ワセリンを使っていた時のアトピーの状態

私がワセリンを使っていた時ですが、高校時代くらいからです。
※ここでいうワセリンは白色ワセリンです。

さてワセリンを使っていた時のアトピーの状態は、
かなり軽度(湿疹がある程度)の時から、劇的に悪化したときと
幅広い状態の時に使っていました。

正直、今思えば、バカだったなと思うことも多々あります。
そのことは別ページでも書く予定ですが、簡単にまとめると
こんな点がバカだったなと思うことです。

全身劇的に悪化したのに、それでもステロイド拒否で
ほとんど使わずに、ワセリンだけで我慢してきた

無謀な方法

ということです。

とても今思うと、無謀な方法でおすすめできないアトピー治療法です。

一度、ステロイドを使い良くして、その状態を維持するために
保湿をしっかりして肌を保護するのが一番ベストだと今は思います。

ワセリンを使いアトピーは改善したのか?

さてワセリンだけで全身悪化したアトピーを改善しようと
無謀な方法を行っていた私。

ワセリンを使いアトピーは改善したのかというと、
ワセリンのおかげで改善したかどうかはわかりませんが、
とりあえず良くなりました。

全身ジュクジュクするくらい顔も体も悪化状態から、
ジュクジュクが治まるまでは、

正確には覚えていませんが、3か月くらいはかかったかなと。

そしてとりあえず、体を動かすのが苦痛にならなくなり、
さらに3か月、いや5か月くらいして、まあ治まったかな
という感じですね。

私が考えるワセリンを使うべきアトピーの状態

私が考えるワセリンを使うべきアトピーの状態は、軽度の時だと思います。

肌が乾燥していて少し荒れているとか。

肌を掻きむしり、完全に肌が壊れている状況では使っても、
なかなかアトピーは改善しないでしょう。

ワセリンは保湿剤ですからね。

肌が乾燥している状態だと、アトピーは悪化しやすいです。
ちょっとした刺激で肌もあれやすい状態なので。

そういった時に保湿をして悪化を食い止めるというか、
悪くならないようにスキンケアしてあげるという
考え方が良いと感じています。

アトピー改善の為にワセリンを使う場合の注意点

上記でも書きましたが、私のような劇的に悪化した
アトピーにはワセリンだけで対処しようというのは、
どの皮膚科の先生も反対するでしょう。

まずはステロイドで抑えてからワセリンだけを使いなさいと
言うと思います。

さてここでいうワセリンですが、白色ワセリンを対象として書いています。

実はですね、当時の私は、「ワセリン = 白色ワセリン」
しかないと思い使っていました。

随分長い期間使ってきたのですが、突如として、

肌がかぶれた

というか

湿疹みたい

白色ワセリンの副作用

みたいなものが出たんですね。

使った部分が痒くなる感じ。

調べてみると、白色ワセリンの副作用にはこういったことが
あるらしいことを知りました。

その結果、ワセリンの使用を断念した経験があります。

一応念のため、ワセリンにはそういった副作用が起こる場合がある
ということを頭に入れて使うようにしてください。

ちなみにほかのページにも書いていますが、

ワセリンには高品質のものがあります。
高品質というか高純度のワセリン。

それがサンホワイトやプロペトです。
私は今はこちらを保湿として使用しています。

以上、ワセリンでアトピーは改善できる?自身の体験談でした。

-アトピーケア改善

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.