地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと生活

体にアトピー湿疹が出ていると困るお風呂、お風呂上がり後の悩み

更新日:

アトピーとお風呂

このブログの管理人である私のプロフを読んでくれた人ならわかると思いますが私はアトピーが全身悪化し、どこの皮膚科でも先生に絶句された経験があります。
あまりのひどさに。
まあそりゃそうです。
全身、ジュクジュクし、皮膚はゾンビのような色、肌状態になっているわけですから。

まあそんな状態であってもお風呂というのは入らるわけです。

管理人プロフ
no image
アトピーの気持ち管理人プロフィール

訪問ありがとうございます。 「アトピーの気持ち」管理人のタクです。 当サイトの趣旨については別途こちらのページでお話していますので、当サイトを利用する前に一度、読んでみてくださいね。 ⇒「アトピーの気 ...

ということで、30年以上、アトピーを経験してきた私のお風呂での悩み、アトピーがひどいとお風呂はどういった状態になるのか体験談を紹介しようと思います。
そしてその悩みの解決策についても書いていますので参考にしてみてください。



アトピーが酷い時、起こりえるお風呂での悩み

私がアトピーが酷い時、思っていたお風呂での悩みというのには下記のようなものがありました。

  • 体を洗うのにとても気を使う
  • 浴槽の中が皮膚のカスでいっぱいになる
  • お風呂上りスキンケアに気を使う

上記の3つなのですが、正直、共通している部分としては、とても気を使うということです。
それぞれについて説明していこうと思います。

体を洗うのにとても気を使う

体を洗う

アトピーが酷いと困ること、悩みの一つとしてあげられるのが、お風呂での体の洗い方。
普通の肌をしていれば、スポンジと石鹸を使いゴシゴシして洗うことができます。

しかしアトピー肌の場合、ちょっとした刺激でも肌が荒れてしまいます。

ましてやアトピーが酷い状態、肌がひどい状態だと、スポンジでゴシゴシなんてことは絶対にできません。

そんなことをしたら出来上がってきた肌がボロボロとれてしまいます。
お風呂上り、肌の水分がなくなれば肌はボロボロ、痛いとまで感じることもあるので要注意です。

だから全身悪化したとき、私は本当に手でかるく流す感じくらいしか洗いませんでした。仕方ないのです。
できる限り、肌がかさぶたみたいなかんじになってきた皮膚をできるかぎりはがさないように丁寧に洗うのがベストだからです。
そしてお風呂上りにすぐに保湿、あるいはステロイドを使うといった形で行っていました。

浴槽の中が皮膚のカスでいっぱいになる

全身アトピーでひどかったとき、一番の悩みというか大変だったのが、お風呂の浴槽の中にプカプカとういている皮膚のカスの対処です。

全身、アトピーが悪化、ひどい状態で浴槽の中に入ると、肌をさわらなくとも浴槽の中に入っただけで皮膚のカスが自然ととれてしまうのです。

しかもすごい量が・・・。

浴槽から出て、浴槽の中のお湯を見てみると、驚くべき光景になるのです。
自分が見ても、ちょっとこんなお風呂の中に入りたくないなと思うほどです。
いくら家族だといっても、こんな浴槽の中に入るのは本当に無理でしょう。

あとで対処法を書きますが、それを行っても正直、厳しい状態でした。
それくらい私のアトピーはひどかったので。

お風呂上りスキンケアに気を使う

お風呂上りスキンケア

お風呂上りのスキンケアに気を使うというのも疲れましたね。
お風呂で体を洗うのと同じく、優しく保湿や薬を塗るので。

ここも丁寧いスキンケアをしないと少しずつ良くなってきている肌をまた皮膚を取れてしまいもとに戻りかねないと感じていたので、ある程度、皮膚の状態が良くなるまでは丁寧に保湿をしていました。

浴槽の中が皮膚のカスが浮いてしまうときの対処法

浴槽の中に皮膚のカスが浮いてしまう時の対処法ですが、やはりこれを使うしかありませんでした。

お風呂のごみすくいネットですね。

これは便利。
ただ私のように全身アトピーが悪化し、肌が荒れている状態だと、これでいくら浴槽に浮いているゴミをネットでとっても、すべてを取り切れませんでした。あまりの量の多さに。

どれだけ時間をかければ取れるのだろうか・・・というくらい皮膚のカスがたくさん浮いていた私のお風呂の後。
完璧には皮膚のゴミをすくえませんでしたが、まあやらないよりマシということで、こちらを使って浴槽から出た後はすくっていました。

まあね、皮膚のかさぶた的なものは、お湯につかれば、ゆやけて勝手に取れてきてしまうので仕方ないと言えば仕方ないのですが、この悩みはとても大きかったですね。
家族とはいえ、こんな状態のお風呂なんて見てほしくないと思っていました。

あまりにひどいときは、浴槽のお湯を抜き、再度、水を入れて沸かしていましたから、さぞ大変だったと思います。



体にアトピー湿疹が出ていると困るお風呂での悩み番外編

これはお風呂場での悩みというか、アトピーはひどすぎて起こった悩みです。
たぶんアトピーで悩んでいる人でもここまでの悩みを抱える人はそうはいないと思います。

全身アトピーが悪化した私。
それだけでなく全身からはジュクジュクした液が出ている状態だったことがあります。

そんな状態だとしても服は着るものです。

そしてジュクジュクが出たりしている状態でシャツやズボンを履くとどうなるのかと言うと、今度は、それがシャツ、ズボンにくっついて固まってしまうのです。
そうすると脱ぐとき、それをひっぺがさないといけなくなるのです。

それを無理くり剥がすと、乾燥したかさぶたも取れてしまいます。
そんなことをしてしまうと今度は、またジュクジュクが出たり血がたくさん出てきてしまうのです。

あまりのつらさに、仕方なく、シャツやズボンを履いたままお風呂場に入り、シャワーを浴びて、シャツやズボンを濡らしてから脱ぐといったことをした経験もあります。

そうでもしないと、服を脱ぐのが痛くて仕方がなかったから、苦肉の策として洋服を着たままシャワーを浴びる手段をとったわけです。

今思えば、本当にあの頃は大変でした。
お風呂に入るために洋服を脱ぐのも、お風呂に入るのも、お風呂後も。

まあそんなつらい状態でありながら、ほとんどステロイドを使わず根性で治そうとしていた自分が恐ろしいです。

あの頃は、かたくなに「ステロイド=悪(リバウンド)」みたいな思い込みをしていましたからね。
ちなみにそんなジュクジュクして大変なアトピー状態だったのですが、なぜか3か月後くらいには上半身だけは綺麗になったりしちゃうんですよね。
私のアトピーって。

季節によって毎年、起こるならわかるのですが、振り返ってみると季節に関係なく、冬に起こることもあれば、梅雨時期に起こることもあったりとよくわからない私のアトピー。
人によりアトピーが悪化する原因も違うので難しいですよね。

ネットを調べると、アトピーがこれで治ったという記事もありますが、アトピーの人誰しもが治るアトピー治療法ってないのが実情。

なので、あまりネットの情報などうのみにせず、情報を調べた際に、自分の考えられるアトピーの原因を踏まえて行う、行わないというのを決めるのがお勧めです。

最近は見かけないですが、この防ダニ布団を使ったらアトピーが治った!
なんて記事を見つけてしまい、高額な買い物をしてしまうなんてことはないようにしてください。

アトピーで本当に悩んでいる人は、わらにもすがる気持ちなので購入してしまう気持ちもわかりますがよく考えてから行動しましょう。

私の親もアトピーに良いと聞けば、その病院へ行ったり、商品を購入してきたりしましたが、幸いなことに1万円程度の商品しか買ったことはないのでそこまで損害はありませんでした。

アトピーの子供を持つ親としては、子供の辛い顔なんて見たくないですからね。
早く誰にでも効果のあるアトピー改善法なんてものが見つかるといいなと思う今日この頃です。





-アトピーと生活

Copyright© アトピーの気持ち , 2019 All Rights Reserved.