地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと生活

汗かくと痒くなるアトピーの夏対策~自分の体験対策を公開

更新日:

夏の日差し

アトピーが悪化しやすい時期と言うのは一般的には乾燥する冬の時期だと言われています。
たしかに私が長期間、入院しいろいろなアトピー患者と出会いましたが、やはり乾燥する時期の方がアトピーの調子が悪いという人が多かったです。

逆に夏の暑い時期のほうが調子が悪くなると感じている人はいなかった気がします。
まあ夏だからとか冬だからという時期に関係ないという人の割合も多かったのですが。

しかし私はタイプ的には珍しいのか、夏の暑い時期、汗をかく時期の方がアトピーが悪化することが多かったです。特に若いときは。

その理由は、汗をかくと痒くなるから。
これが一番でした。あとはやはり日差し、紫外線も影響していたのかもしれません。
肌が弱いので。

ということで、今回の記事は、暑い夏のせいで汗かいて痒くなってしまうというアトピーの人に私の夏の汗対策、暑さ対策をしていた方法を紹介しようと思います。

汗をかく暑い夏に起こりえるアトピーの悩みとは?

アトピーの悩み

アトピーの人でも私のように夏の暑い時期が一番、悪化しやすく辛いという人もいるでしょう。
汗をかくと肌の調子が良くなる人もいますが、今回は、そういった人向けの話ではなく、夏の暑い時期にアトピーが悪化しやすいという人向けに記事を書いていきます。

さてまずは夏の暑い時期が辛いという人の悩みを挙げるとこういったものがあります。

  • 汗をかくと痒くなる
  • 肌が弱いから日差し、紫外線が気になる
  • 冷房による肌のコンディション変化

まあいろいろありますが、上記のようなことが私は気になりました。
それぞれについて簡単に説明をしましょう。

汗をかくと痒くなる

汗をかくと痒くなった私。
これがなぜ困ったのかと言うと、皮膚に汗をかいた状態で掻くと、肌表面を壊しやすいからです。いつもと同じくらいで掻いているつもりでも、
いつも以上に、皮膚を掻きむしってしまうのです。

たとえば肌が乾燥している状態で、手のひらで皮膚をこすっても、垢は出てこないと思います。しかし汗をうっすら湿っている状態でこすると垢、皮膚のカスが出ると思います。
アトピー悪化
私は、過去に、痒いがために、掻くのではなく、太もものを手のひらでこすりまくったことがあります。そうすると皮膚のカスがボロボロでてきます。
普通の人なら、なんてことないでしょう。
しかしアトピーであり、皮膚の弱い私がそれをすると、汗が治まり乾燥してくるとすっごく肌荒れをしていることがわかりました。

私が感じていることは汗をかいた状態で痒いからといって掻くと、アトピー肌はけっこう壊れてしまうので要注意なんです。

肌が弱いから日差し、紫外線が気になる

アトピーの人だけでなく、肌が弱い人は日差し、紫外線にあたると肌が赤くなったりします。
直接、紫外線がアトピー悪化の原因だったとは思えませんが、少なからず影響はしていたのかなと思います。

肌が赤くなること自体、肌に何かしら影響が出ているのでしょうから。

冷房による肌のコンディション変化

肌が弱いので、暑い外にいて汗をかいた状態で冷房が効いている涼しい部屋に入ると、今度は、肌が一気に乾燥してしまいました。
肌が弱い
私がとても感じたことは、この汗をかいた状態の肌が一転して乾燥した肌になるという変化はとても肌に負担がかかっていると感じました。

肌が変化に対応できず、ちょっとした刺激で、アトピーが悪化しやすくなっているのではないかととても感じています。

汗をかくと痒くなるアトピー~夏の対策

汗をかくと痒くなるという人が一番、気を付けなければいけないことは、できる限り掻かないことです。

といっても、アトピーで悩んでいる人は、掻いてはいけないというのがわかっていても掻いてしまうんですよね。

だから掻くなというだけでは夏の汗の対策になりません。

掻かないという意識は必要です。

しかしその前にやるべきことがあります。
それが、汗をかいた後のケアです。

私はとりあえずタオルを持ち歩いていました。
汗をダラダラとかくまえに、少し汗が出たら拭いていました。

私が持ち歩いていたタオルは、肌に優しいタオル的なものでした。

肌が弱いからこそ、タオルや着るものはできる限り肌に優しいものを選んでいます。
※今は肌の状態がよくなってきているのでそこまで神経質になっていませんが、それでも購入するときは素材などのチェックはしています。

さてそんなタオルですが、今、調べたら、アトピー肌の人によさそうなタオルがありました。アトピー協会推薦の商品みたいです。
こういったものを使うのも一つの対策です。

日差し、紫外線が気になるアトピー~夏の対策

アトピーの人でなくとも、今の時代、紫外線対策をするというのが普通となりました。
今では飲む紫外線対策サプリなんかもありますよね。
あとは男性用の日傘も売っています。

私が20代の頃は、飲む紫外線対策サプリなんて言うものはありませんでした。
男性用の日傘はあったのかもしれませんが、販売していたのを見た記憶がありません。

私が行っていた紫外線対策は、夏でも長袖。

これだけは昔も今も変わらずおこなっています。

そうなるとあとは顔。
日傘は使ったことがありませんが、これからは使った方が良いかもと思っています。

というのも、わたしは現在、ビルやマンションが立ち並んでいて、日影がそこらへんいあるような都心には住んでいません。

移住しビルやマンションがたちならんでいるような場所には住んでいないので、日影ができる場所がないんです。
駅周辺にいけば多少はありますが、ほぼ日影はないと場所に住んでいるので、これから外を歩く際には日傘は必要かなと思っています。

アトピーの人の夏の紫外線対策としてはこういったものが考えられます。

  • 日傘を使用する
  • 帽子をかぶる
  • 日焼け止めを使う
  • 飲む紫外線対策サプリを使う

日傘を使用する

個人的には一番おすすめなのは日傘かなと。
UVカット率が高い日傘もありますし。

帽子をかぶる

帽子も紫外線対策できるものがあります。
まあ帽子はデザイン的なものがあるので、好みは分かれそうですが、とりあえず紫外線対策をするうえでは利用する価値はあります。

日焼け止めを使う

日焼け止め、UVクリームを使うのもありなのですが、私的には肌に使うものなので、合う合わないがあると思うので、ちょっと怖いかなというイメージがあります。

日焼け止めクリームではないですが、やはり肌に合わないクリーム、軟膏というのはあったので、ここでアトピーの人に日焼け止めクリームは絶対におすすめですとは言えないかなと。
肌の状態が悪ければ使えないですし。

飲む紫外線対策サプリを使う

飲む紫外線対策サプリを使うのもひとつ。といっても、私はこれは使ったことがないので、何とも言えませんが昨今、
利用者が増えているのも事実。
まあクリームを使うよりもいいのかなと。
飲むだけですからね。

夏の日差しに負けない【UVスティックゼリー】

冷房による肌のコンディション変化アトピー~夏の対策

私がアトピーの状態で一番、気を付けるべきことがあります。
それが気温の変化や乾燥状態です。

私の場合、秋ごろ、寒くなってきたな、乾燥してきたなと感じた日の翌日に突然、暑くなり汗をかくような日を繰り返したとき、アトピーが徐々に悪化していった経験を持っています。

今回は夏の話ですが、外を歩いて汗をかいた状態で、冷房のある涼しい部屋に入ると、汗が治まっていきます。その肌の状態の急な変化が起こった時、私の肌はちょっとしことでアトピーが悪化した経験を持っています。

だから私の場合、気温の変化、肌表面に起こる急な変化というのはとても注意しています。

このとき私はどういった対策をしたのかというと、いったん、汗を拭くのもよいですが
肌表面をきれいにしてあげます。
そのあとに保湿をしていました。

要はスキンケアをするということです。

肌が弱い人、アトピー肌の人は人一倍、気を付けなければいけません。

少しでもアトピーを良くしたいと思っているのであれば。
手間がかかりますが、そういった細かいスキンケアをすることがアトピーを良くする一番の秘訣です。

保湿
アトピー顔
アトピーで顔がカサカサ!保湿クリームで市販されている試した商品の中でどれがお勧め?

ゾンビのような肌色、タダれた肌、ボロボロするなど見るのが辛いと思わせるくらいひどいこともあった顔に出るアトピー。 長年、顔に出るアトピー、乾燥、赤みに悩み続けてきた私はいろいろな保湿クリームを試してき ...

汗かくと痒くなるアトピーの夏対策まとめ

上記の記事は私が体験したことを元に感じた事を書いてみました。
アトピーというのは人により原因も違えば、合う薬や保湿剤も違います。

なので一概に私が行ってきたアトピーの夏対策がすべての人に当てはまるわけではありません。

ただ少なからずアトピーの人がやるべきことは、やはりスキンケアをしっかりすることです。

正直、面倒だと思うところですが、こまめなケアが最終的にアトピー改善につながるのだと私は思っています。

私は今、蒸し暑い夏になる都会には住んでいません。
暑さは多少あるけど、夜になれば都会のような暑さになることはない地方に住んでいます。

正直、それだけでも体の負担と言うのはけっこう楽になりました。
まあその分、冬は寒いし、多少、雪は降りますが。

はやく顔の赤みも完全に消えてほしいと願いながら日々生活している私でした。



-アトピーと生活

Copyright© アトピーの気持ち , 2019 All Rights Reserved.