地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと学生生活

アトピーであるが故の水泳等の体育授業での悩み体験談と私のとった行動

投稿日:

体育

私のアトピーに関するプロフを読んでもらうとわかりますが、
中学時代に悪化しはじめて、高校時代には劇的に悪化するなど
辛い学生時代を過ごしてきました。

正直、学校生活をするうえで悩むことはたくさんありました。
その一つが体育です。

アトピーであるが故の悩み、アトピーでない人にはわからない悩みなど
私の感じた事、経験談を紹介したいと思います。

私と同じアトピーで学校生活、体育授業での悩みを抱えている人に
少しでも役立てば、あるいは前向きになってもらえればと思います。

体育の授業で汗をかくと痒くて辛い

汗をかくと痒くて辛い

私自身、若いころは、乾燥する冬場より、汗をかく夏の方が
アトピーが悪化しやすく大変でした。

だからやはり体育の授業、部活での運動はつらかったです。

特に首の後ろ。

ここが痒くなることが多々ありました。

ただ人前ではそんなに掻くことはなく、人がいない場所に行くと
手が肌にいき掻くという行動をする私。

たぶんボリボリと掻いているところは見られたくないという
意識が強かったのでしょう。

だから人前ではあまり掻くことがなかった私です。

体育で汗をかき痒くなった時の対処法

体育の授業で汗をかき、痒くなった時の対処法ですが、
対処法の以前に、体育の先生に事前に話をしておくことが大事だと思います。

汗をかくと痒くなるから、痒くなる時は、一旦、運動を中断して、
汗を拭かせてくださいとか。

タオルを濡らして、それを絞り、痒くなった部分を軽く拭く、
汗を吸い取るというようなことをすれば少しは痒みも治まるでしょう。

といっても、痒みが治まるというのも人それぞれ違うのが
アトピー。みんながみんな濡れたタオルで汗を拭けば痒みが軽減する
というわけではないのでお間違いなく。

体育の先生にそんなお願いするのはどうかと思う・・・
という人もいるかもしれません。

しかしもしあなたが、汗をかくとどうじようもなく痒みが出る
というのであれば事前に先生に話をしておくことは大事です。

先生だって知っていれば、考えて対応してくれるはずです。

先生に伝えず、いきなり痒みが出て、かきまくり一気に
アトピーが悪化してしまったら、先生も驚いてしまいますからね。

伝えておくということは大事なことだと私は思います。

体育の授業で半袖を着て肌を見られるのがイヤという悩み

半袖

体育の授業で半袖をきて肌を見られるのが嫌だというのは
アトピーであるが故の悩みの一つでしょう。

私はこの悩みは小学生の頃からありました。

小学生の頃は、腕の関節部分に湿疹がある程度でしたが、
傷があり、血が出ていることもあったので見られるのが嫌でした。

アトピーでない人が見たら、肌が汚いとか、気持ち悪いと
思われたらどうしよ・・・と心配になりますよね。

特に女性ならなおのことだと思います。

体育の授業で半袖を着るのがイヤだといった時の対処法

まあこれも先生に伝えて、長袖やジャージを着るのを許可してもらうというのが一番でしょう。
(半袖でなくてはいけないという決まりは基本的にはないと思いますが。
もし全員半袖や半ズボンで体育の授業を受けるようにと言う場合の話です。)

ただ半袖を着るのが嫌だという理由ではなく、アトピー湿疹が出ているから
外の授業なら紫外線を避けるためにとか、肌が弱いから紫外線などを
できる限りカットしたいからとか。

あとは素直に、アトピーがひどくて肌が荒れているから
長袖を着たいという風にお願いするのもありだと思います。

水泳の授業で水着になりアトピー肌を見られたくないという悩み

水泳

水泳の授業で水着になりアトピー肌を見られたくないという
風に考える人は多いはず。

もちろん私もそうでした。
小学生時代は腕、膝の裏に湿疹がある程度でしたので、
水泳の授業に参加していましたが、肌は見られたくないと思っていました。

やはりアトピーで気持ち悪いと思われたくないと小さいながらに
思っていたのでしょう。

水泳の授業で水着になりアトピー肌を見られたくない時の対処法

水泳の授業で水着になりアトピー肌を見られたくないという
悩みを持っている時点で、たぶん、あなたのアトピーは軽度ではなく、
ある程度、湿疹が出ていたりするのだと思います。

もしそうであるならば、先生に伝えて水泳の授業を休む
のが良いと私は思います。

肌が荒れている状態、湿疹がある状態で学校のプールに入ると
アトピーの状態も悪化する可能性が十分にありますので、
無理をしない方が良いでしょう。

塩素は肌に影響を及ぼします。

アトピー肌など肌が弱い人は、その刺激というのを感じやすくなります。
私自身、やはりプールに入った後は、すごく乾燥すると感じていました。

ちなみに高校時代、私はアトピーがかなり悪化しました。
ある程度までは良くなり、プールにも入れるかなと思い、高校時代、
数回程度、水泳の授業に参加しましたが、やはり水泳後の肌はとても乾燥しました。
乾燥というか肌荒れと言うか・・・

だから、私は高校時代は先生に話をして水泳の授業は参加せず休みました。

たしか高校3年生の時は、完全に水泳の授業を休みました。
その代わり、課題を出されて、それを提出することで水泳の授業の評価としてもらった記憶があります。

ちなみに水泳を一度も出ずに課題だけだと評価が下がるかというと、
普段の評価と変わりありませんでした。

顔の赤み
アトピーで顔が赤かった
アトピーで顔が赤いという悩みをずっと抱えてきた体験談

私のアトピーに関するプロフィールを読んだ人はわかると思いますが 顔のアトピーはとてもひどいです。 詳しくはこちらのプロフを読んでみてください。 ⇒アトピーの気持ち管理人プロフィール そんな顔のアトピー ...

膝の裏にアトピー湿疹が出て痛くて体育の授業が辛い悩み

私は高校時代に劇的にアトピーが悪化しました。
全身ですね。

だから膝の裏、首などどこかしこも、ジュクジュクとした状態になり
普通のスピードで歩くことすら困難な状態になりました。

それでも無理をして体育の授業を受けたことがあります。
もちろん水泳以外で。

たとえばマラソンとかサッカーとか。

もともとスポーツは好きなので、できる限り体育はでました。
膝の裏は痛かったですが。

ただ、アトピーが酷いと、膝の裏の肌から血が出ていることもあったので、
たしかジャージなどについてしまうこともありました。

まあジャージは白ではなく紺色なので、血が染みて目立つことは
ありませんでしたが^^;

膝の裏にアトピー湿疹が出て痛くて辛い時の対処法

膝の裏にアトピー湿疹が出て運動するのが辛いなら、
やはり先生に伝えて休むのが良いでしょう。

あるいは、ステロイドを使い、一気に症状を改善する
というのも一つの手です。

膝の裏がアトピーが酷くて辛いということは、歩くこと、
走る動作をしたときに辛さが体の動きに現れます。

もしそういった状態にまでなるなら、先生に伝えれば、
先生も体育の授業を休むことを許可してくれるでしょう。

足を動かす、歩くだけで痛みがあるというのは、
アトピーの症状でも悪い状態なので先生も無理に参加しろとは言わないでしょう。

無理をして体育の授業を出るのもありだとは思いますが、
私のように我慢して辛い思いをするなら、先生に話しおして休ませてもらうのがベストです。

体育を休むのはわがまま?休ませてくれるの?

アトピーが酷いときに体育を休むのはわがままではありません。
できる限り休まない方が良いのはそうなのですが、体を動かすのが
辛いほどアトピーが酷いなら、無理をしない方が良いです。

上記でもちょっと書きましたが、私は学生時代は、汗をかくと
痒くなりやすい体質でした。

そして体にはアトピーがそれほどでなくとも、顔が酷いことが多々ありました。

なので、私は、夏の体育の授業、剣道ですね、この授業も
完全に休ませてもらいました。

剣道は面をかぶしますよね。
あの状態で暑い中、運動するのはとても困難だと感じたので、
先生に伝えて休ませてもらっていました。

え?
それで体育の授業を休ませてもらえるの?
と思う人もいるかもしれませんが、事情を説明すれば体育の先生も
無理なことは言わないはずです。

もちろん剣道を休む代わりに、課題を出されましたが・・・

アトピーが酷くて体育を休むのは悪いことではないと思います。
もちろんひどくないのに休むのはどうかと思いますが。

私の場合は、私を見ただけで、重度のアトピーだとわかるので、
先生もすぐに休ませてくれたのかもしれません。

もしあなたのアトピーは、見た感じではアトピーだとわからないけど、
制服を着て見えない部分の肌がアトピーが酷くて辛いというのであれば、
それを伝えて体育、水泳などの授業を休ませてもらうことは悪くないことです。

今の時代、体育の先生として長年、務めてきた人なら、
アトピーである生徒は何度となく見てきたはず。

あなたのアトピーの状態、事情を説明すれば、体育の授業を
休ませてくれるでしょう。

そしてアトピーで体育の授業を休むことは恥ずかしいことではありません。

私も学生時代、アトピーだから体育の授業を休むということを
友達に伝えるのは嫌でした。

なんだよ、あいつ、水泳の授業休むのかよ・・・

と思われたりしないかなと心配になったりもしました。

しかし無理をして体育の授業、水泳などに参加して、アトピーが悪化するほうが
もっと怖いのです。

アトピーはひどくなればなるほど、アトピー肌が汚いと思われたらどうしよう、
気持ち悪いと思われたらどうしようという深い悩みを抱えてしまう
ことが多いにある病気です。

そんな深い悩みを抱えるくらいなら、悪化しないためにも体育の授業を
休み、少しでもアトピーを良くすることに努力をした方がよいです。

アトピーで体育を休んだことによる周囲の目も気になりますが、
アトピーが酷くなり気持ち悪いと思われる周囲の目の方がもっと怖いものです。
※もちろん気持ち悪いと思わないでいてくれる人もいるかもしれませんが。

アトピーの症状とうまく付き合っていくためには、体育の授業を
時として休むことも選択肢としてあってよいと思います。

移住
空気、水が良い地方へ移住
アトピーは空気や水が変わると改善する?その可能性について自身の体験談

さてこの記事を書いているのは7月の3連休。 休みの日にゆっくりこの記事を書きたいと思ったので、 この日が来るまで書かずに待っていました。 というのも、私のアトピーの原因はこれではないだろうか? と40 ...

-アトピーと学生生活

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.