地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピー薬・保湿剤関連

アトピーで顔がカサカサ!保湿クリームで市販されている試した商品の中でどれがお勧め?

投稿日:

アトピー顔

ゾンビのような肌色、タダれた肌、ボロボロするなど見るのが辛いと思わせるくらいひどいこともあった顔に出るアトピー。

長年、顔に出るアトピー、乾燥、赤みに悩み続けてきた私はいろいろな保湿クリームを試してきました。

今回はそんな保湿クリームの中でも市販されている商品であり、かつ
自分が試してみて一番良かった保湿クリームの話を書いてみました。

アトピーで顔がカサカサには軟膏?ローションタイプどちらが良い?

アトピーで顔がカサカサ、ボロボロしているような状態の肌。
そういった人はやはり保湿することを考えるでしょう。

そしてそんな保湿といえば、ローションや軟膏クリームといったタイプのものがあります。

さて市販されているものでアトピー肌の顔で保湿するのにローションが良いのか
軟膏タイプが良いのか?

気になる人もいるでしょう。

みんなはどちらのタイプのもので顔を保湿しているのか?

知りたいですよね?

その答えですが、ローション、軟膏どちらが良いのか?
と言う前に、知っておいてほしいことがあります。

それは、

肌の状態やその人と肌質により違う

ということです。

まあこれはアトピーの人に対してだけでなく、普通の人でも化粧品が肌に合う合わないというのは人によりありますよね。

それと同じです。

だからたとえネットで、私はこの保湿商品でアトピーが落ち着いたから絶対にオススメだという記事を見つけたとしても、それを鵜呑みにしてはダメです。

現時点では、アトピー肌の人が誰しも満足できる保湿剤というのはありません。
もちろん薬も。

その点を理解したうえで、冷静に考えて自分に合う保湿剤を見つけてほしいと思います。

軟膏タイプの保湿剤が良いのか?

さて話を戻します。

ローションタイプの保湿剤が良いのか、軟膏タイプの保湿剤が良いのか?

というと私が使ってみた感じでは、軟膏タイプの保湿商品のほうが
良いなと感じています。

ローションタイプ、軟膏タイプを使ってみた個人的な意見を簡潔にまとめたのがこちらです。

ローションタイプでの保湿

ローションタイプの保湿剤といえば、ベビーローションやオリーブ油。
これが市販で購入できるものです。

両方とも試しましたが、私の肌にはだめでした。

何がダメなのかというと、

保湿の持続性が短い

ということです。

塗った時は良いですが、数時間で保湿も持たず。

そうなると肌はどうなるのかというと、逆にボロボロ、カサカサが目立つような状態となってしまい困りました。

たぶん顔に出るアトピー肌の状態が良くないからなんでしょう。

本当に顔に出るアトピーが軽度である、あるいは一部がカサカサしている程度ならローションタイプの保湿剤でもよいのかもしれませんが、ひどい乾燥肌の人には保湿持続力は厳しいようです。

軟膏タイプの保湿剤

軟膏タイプの保湿剤

酷い乾燥肌でありアトピーである私。
そんなカサカサ、ボロボロしている私の肌には軟膏、クリームタイプの保湿剤が一番良いなと感じました。

ローションタイプの保湿剤と比べても持続力がありますし、
ローションと比べてテカテカしないのも利点です。

私が使ってみた市販の保湿剤を比べてみると、やはり
ローションより軟膏タイプの方が肌に合っていると感じました。

アトピーで顔がカサカサした肌に一番良いと感じた軟膏保湿剤は?

アトピーで顔がカサカサ、乾燥している肌に一番良いと感じた
軟膏タイプの保湿剤はどれなのか?

というと、その前に、市販されている保湿剤で軟膏タイプのものを
上げると、これらがあります。

  • 白色ワセリン
  • プロペト
  • サンホワイト

どれも使ったことがあります。

白色ワセリンを試して経緯と利用してみた感想

白色ワセリンを試したきっかけは、ローションでは乾燥が
防げなかったからです。保湿の持続力が短かったので
どこにでも市販されている白色ワセリンを試したというわけです。

さて使ってみた感想は、ローションよりも保湿の持続力は高いと感じました。

ただ白色ワセリンを数年、使っていたのですが、途中で
肌がかぶれるような状態になったので、使用を注意しました。

たしかそんなきっかけで使うのをやめたのだと思います。

サンホワイトを試して経緯と利用してみた感想

サンホワイトを試した経緯ですが、私がアトピーで長期の入院をした
という記事をこちらで書いています。

入院
アトピー入院
即入院!を言い渡された私のアトピー入院の体験談その①

私の人生、本当にアトピーに左右されてきました。 いろいろな悩みを抱え頑張って生活をしてきました。 私のようにアトピーで寝たきりになるくらい ひどいと本当にいろいろな面で支障が出てきます。 体だけでなく ...

ここでのアトピー入院中で先生に勧められた保湿剤がこのサンホワイトだったのです。

実はまったくこんなワセリンがあるとは知らずだったので驚きました。

聞くところによると、純度の高い高級なワセリンだとか。

もちろん高級なワセリンということもあり、保湿力も申し分なし。
また、肌がかぶれるということもなく、私の中でこれが最高!

だと思ったワセリンでした。

以前は、サンホワイトを購入できるお店はかなり限られたお店だけでした。

しかし今は、近所のドラッグストアでは置いてないですが、
ネット通販ですぐに手に入ります。

値段は高い高級ワセリンですが、純度が高いと言われるだけに、
比較的安心度の高いワセリンと言えるでしょう。
※絶対、誰の肌に合うとは言い切れませんが。

プロペトを試して経緯と利用してみた感想

サンホワイトを試していた私。
まあこれでもよかったです。

しかし値段が高いし、当時は、入院していた病院でサンホワイトを
もらうしかなかったために、わざわざもらうために新幹線に乗っていくのが
面倒になりました。

そしてその病院も先生が亡くなり病院がなくなりました。

というきっかけで近所の皮膚科に行き、もらった保湿剤がプロペトでした。

サンホワイトほど純度の高いワセリンではないですが、
その次に純度の高いワセリンということで、これでもよいのではないかと
言われて試しました。

その結果、サンホワイトとプロペトの違いはまったく感じず、
使い勝手も良いということがわかってからは、プロペトを使い続けています。

今でも。

サンホワイト、プロペトどちらが顔に出るアトピー保湿にオススメ?

正直なところ、サンホワイトでもプロペトでも保湿持続力としては
どちらも同じくらいなので、どちらでもよいと思います。

ただ私の使ってみて感じたサンホワイトとプロペトの違いがあります。

それは、軟膏の硬さと伸び具合。

サンホワイトとプロペトどちらが軟膏が固く、伸びにくいのかというと

私はサンホワイトの軟膏のほうがクリームが固く感じました。
またそのせいなのでしょう、クリームが伸びにくいと感じました。

まあ塗りづらさですかね。

その点、プロペトはサンホワイトより塗りやすい印象でした。

ただその点の違いだけは私は感じました。
あくまでも私の個人的な感想ですが。

そう考えた時、サンホワイトの方が値段が高いという点を踏まえると、
プロペトの方が自分にとってメリットがあるのかなと思います。

純度の高さではサンホワイトですが、使ってみた感じでは、
だからといって、保湿力が優れているわけでもないので、
まあプロペトでもよいかなということでプロペトを使っています。

私の中ではプロペトが一番ですが、人の肌の質によってはもしかしたらサンホワイトの方が良いという人もいるかもしれません。

なので、まずは一番小さいタイプの商品を購入し、自分のアトピー顔の保湿に試しに使ってみるのが一番賢い保湿クリーム選びと言えるでしょう。

まあアトピー顔の肌を保湿したからといって、アトピーがすぐに良くなる
ということはそうないと思います。

肌状態の悪化、乾燥を防ぐことが大事

しかし保湿を放置してさらに悪化するのだけは防がないといけません。

まずはこれ以上、顔に出るアトピーの肌状態の悪化、乾燥を防ぐことが大事です。

顔のアトピー、赤みというのはすぐに改善するものではありません。
だから辛い日々をたくさん送ることになるかもしれませんが、アトピーは良くなる病気です。

まずは悪化を防ぎ、何をすればアトピーが良くなるのかいろいろ試して
自分に合ったアトピー改善法を見つけてほしいと思います。

移住
空気、水が良い地方へ移住
アトピーは空気や水が変わると改善する?その可能性について自身の体験談

さてこの記事を書いているのは7月の3連休。 休みの日にゆっくりこの記事を書きたいと思ったので、 この日が来るまで書かずに待っていました。 というのも、私のアトピーの原因はこれではないだろうか? と40 ...

-アトピー薬・保湿剤関連

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.