地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーの悪化体験談

こんな皮膚の状態になったら要注意!アトピー悪化しやすい兆候

投稿日:

アトピー悪化しやすい兆候

今年の夏は暑いですね。
私自身、夏は大っ嫌いです。

まあ冬も嫌いですが^^;

なぜ夏が嫌いなのかと言うと、汗をかくから。

なぜ汗をかくのが嫌なのかと言うと、

汗をかくと痒くなり、アトピーが悪化するからです。

たぶん、私がアトピーで本気で痒いと思うのは、汗をかいたときだと思います。

普段は痒いとは思うことはほぼないのですが、汗をかいたときは
本当に痒いなと思い辛いです。

ということで、今年の夏、汗をかいたがゆえに、足の太ももの内側が
かなり荒れてきてしまいました。

実は、今の私の太ももの内側の皮膚の状態はヤバイです。

このままだとさらに一気に悪化してしまう可能性があります。
いつものことなのですが・・・

今回はそんなこれから一気に悪化するかもしれないアトピーの肌状態
についてお話をしようと思います。

※あくまでも私のアトピーの場合の話です。
また私の肌状態の場合の話ですので、その点を踏まえたうえで読んでください。

アトピーと汗と私

アトピーというのは、多くに人は、乾燥する冬場に悪化するという人が多いです。やっぱり乾燥する冬のほうが調子が悪いという声は多く聞きます。

実際に、私が入院していた時の人たちも、多くがそうでした。

しかし私の場合、たしかに乾燥する冬場に何度も悪化したことがありますが、
実はあまり痒いということは感じたことがないのです。

それでも悪化してしまうアトピー。

そして私が本気で痒いと思うのが、夏の時期に汗をかいたとき。

できる限り、掻かないようにしようということで、手のひらでこするのですが、
それでも弱い肌には、NGなようで、肌荒れしてしまいます。

私の場合、肌荒れではなく、アトピー悪化ですが。

さて、私のアトピー状態ですが、移住をしたことで良くなったという
ことをこのブログでも書いています。

そして今年の春までアトピーの調子は良かったです。

だから、少しぐらい、痒きときに、手のひらでゴシゴシこすっても大丈夫だろうと思っていたら・・・

肌が荒れてしまった

案の定、肌が荒れてしまいました。

そして今の私の太ももの内側の皮膚の状態は、アトピーが劇的悪化する
一歩手前となっています。

これは、何度もアトピーの劇的悪化を経験しているのでわかるのです。

ということで、今回はそんなアトピーが劇的に悪化する
一歩手前の肌状態を紹介したいと思います。

アトピー悪化の一歩手前!肌状態とはこんな感じ

えっと、この私のアトピーブログを見ていて、アトピーの状態の
写真が一枚もないな?なんてことを思う人がいるかもしれません。

なぜ今までアトピーの肌の状態の写真を紹介してこなかったのかと言うと、

アトピーで肌が荒れた状態、ひどい状態の写真なんて見たくない

という人が多いと思ったからです。

まあ、あと移住をしてからはアトピーの状態はある程度良くなったので
そういった写真を紹介しなかったということもあるのですが。

私は、皮膚科の先生も驚愕するほど顔も体もアトピーが悪化したことが
人生の中で何度もあります。

見たくない

そんなひどい状態を私自身、見たくない!

という気持ちがすごく強いので紹介しませんでした。

顔に関しては、電車内で気持ち悪いと女子高生たちの集団に言われるほどに悪化したことがあるので、鏡を見ることすらできません。

だから酷いアトピーの皮膚状態というのは自分のものでも見たくないし、イヤだなと思うので、あえて写真なしで記事を書いていました。

今回の太ももの内側のアトピーの状態も、写真を撮ってみて
自分で見てみましたが、正直、見たくないなと思ってしまいました。

このブログを読んでくれた人が、そんな写真を見て、
気持ち悪いと思われたくないという気持ちが強いです。

しかし本気でアトピーのことで悩んでいる、あるいは子供のアトピーのことで悩んでいる親の人たちにとって、もしかしたら少しは役に立つのではないかと思い、今回、あえて肌の状態がひどくなってきた写真を掲載したいと思います。

えっと、写真を撮って自分で見てみましたが、普通の人からすれば、
すでにアトピーが悪化しているじゃないか?

と思う状態の写真です。

しかし、私のアトピーは、この先、さらにひどくなった状態が
本当のアトピー悪化なのです。

寝たきりになるくらい、体を動かすのが痛いくらい超絶悪化した
時と比べたら、まだまだ軽い程度なんです^^;

アトピーが悪化した皮膚

いかにもアトピーって肌ですね。

今のこの状態というのは、完全に皮膚のバリア機能がないのでしょう。

だから、たとえば、この太ももが汗をかけば、ものすごく痒くなります。

また履いているパジャマのズボンに擦れるだけでも、
肌荒れを起こしてしまう
こともあります。

特にジーパンなど硬いズボンと肌が擦れるのはかなり危険。

こうなると、太ももの内側を掻かなくとも、肌が荒れ、
アトピーが悪化することもあります。

またアトピーがなかなか良くならないことも多々あります。

アトピー悪化する手前にしておくべきこと~ケア方法

私は上記で紹介した写真のような肌状態から、一気に超絶悪化まで
いってしまったことがあります。

かなり危険

なので、あの写真のような肌状態はかなり危険なのです。

完全に肌の皮膚が壊れている状態。

乾燥している状態。

これは冬でなくとも夏でも危険なのです。

できることなら、こういった状態のときに、アトピーケアを
しっかりしておくことがとても大事なのです。

私は過去に、まだ大丈夫、まだ大丈夫だと思い、
手を抜いてしまったがために、どんどん悪化して、手が付けられない状態に
なった経験をしています。

本来なら、このタイミングで早くステロイドを使うのが良いのでしょう。

このブログをくまなく読んだ人ならわかっているかと思いますが、
私が若かったときは、ステロイドを使わないという方針で生活してきました。

だから、今回のような肌状態のときであっても、ステロイドを使わず、
我慢してきたのです。

その結果がもたらしたものは、さらにアトピーが悪化した超絶悪化です。

今思えば、なんで頑なにステロイドを使わないという考えで
生活してきたのだろうと疑問に思います。

ここでアトピーがこれ以上、悪化しないようにしてケアしておけば、
あとあと寝たきり状態のような超絶悪化するのを食い止められたのにと思う私です。

さて今の私なら、この状態で放置せず、
ステロイドを使う、あるいは、保湿をしっかりしてこれ以上悪化するのを防ぐ
というケア方法をとります。

私は現在は、完全に皮膚科に通っていないので、ステロイドは
持っていないので、保湿ケアをしようと思っています。

たぶん、それだけでも時間がたてば良くなるだろうと思っています。

夏に悪化したアトピー肌のまま乾燥する時期になると危険

さてさらに一歩、踏み込んで、アトピー悪化の話をしようと思います。

えっと、夏が終われば秋ですよね。

季節の変わり目であり、これから乾燥する時期へ突入します。

アトピーはもともと季節の変わり目に悪化しやすいと言われています。

今回の私の太ももの内側のアトピー状態ですが、もしこのままの状態で
乾燥する時期、秋を迎えると、経験上、かなり悪化する可能性が高いです。

普通の人の肌なら季節の変わり目なんてそんなに関係ありません。

しかしアトピー肌であり、私のように肌が荒れた状態になってしまうと、
季節の変わり目に対応できない
のです。

どういったことなのかというと、あくまでもこれは私が感じていることで、
専門家の意見とかはわかりませんが説明をしておこうと思います。

夏から秋の変わり目というのは、

汗をかくくらい暑い日もあれば、翌日、いきなり寒さを感じたり乾燥したりします。

そういった

突然の気温の変化、湿度の変化に皮膚が対応できずにアトピーが悪化してしまう

のだろうということを私は感じています。

アトピーの人でも、皮膚の状態がある程度しっかりしていれば、
対応できるのかもしれません。

しかし今回紹介した私の太ももの内側のような皮膚状態だと、
気温、湿度の変化などついていけずに、悪化しやすいです。

肌が弱いとてもデリケートな状態なので、この季節の変わり目というのは、
アトピーの人にとっては、要注意すべき時期なのです。

こんな皮膚の状態になったら要注意さいごに

現時点で、私のアトピー肌は、悪化しているじゃないか!
という意見もあるでしょう。

私のアトピーは、この先、何段階もアップしたひどいアトピーを
経験しているので、現時点での太ももの内側の皮膚の状態は、良くはないですが、
すごく悪くもないという状態です。

まあアトピーが酷いなとは思いますが。

相変わらず、アトピーが良くなったと思っても、ひどくなることもあるアトピー。
完治するというのは難しい病気だなと思います。

すごく良くなっても、もしかしたらアトピーが悪化するかもしれませんしね。

実はつい数週間前には健康診断で、アトピーだとわからないくらい
皮膚の状態が良いですねと言われたばかり。

そんな状態であっても、アトピーが短期間で悪化することもある病気なんです。

アトピーになってしまってよくわからない、子供がアトピーなんだけど
どうしてよいかわからないという親たちに少しでもお役に立つ情報であればと思います。

以上、こんな皮膚の状態になったら要注意!アトピー悪化しやすい兆候の記事でした。

-アトピーの悪化体験談

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.