地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーの気持ち

高校生の頃のアトピーに対する理解と気持ち

更新日:

高校生

高校生ともなれば、自分で考えて行動できる年齢です。
そんな年齢になった私の高校時代のアトピーに対する
理解や考え方、自身のアトピーに対する気持ちについて書いてみました。

高校生のときのアトピーに対する思い~入学時

中学生の頃にいったん、全身にまんべんなく湿疹が出た私。
いつのまにか症状が治まり、高校生活をなんとかスタートできました。

とはいえ、やはり顔だけは、微妙にアトピー肌であると
わかる感じだったので、多少は気にしていました。

正直、それくらいで、アトピーが悪化したらどうしよう・・・

みたいなことは頭の中になく過ごしていました。

だから、この時点では、アトピーに対して

なんで俺はアトピーなんだよ!

みたいなことは思うようなことはありませんでした。

高校生のときのアトピーに対する思い~悪化

一度は、まあ気にならないほどまでにアトピーの状態も良くなった私。

だから、アトピーであることに対して、恨むようなことは
この時点ではありませんでした。

しかし、中学時代に一時的に悪化した時とは違う、
本当の地獄の悪化を経験してからの気持ちというか心はは大きく変化しました。

中学時代は、全身に湿疹が出る程度で、治まるのも早かったです。

しかし高校時代の悪魔のような全身の悪化は、

皮膚が全身、ガサガサになり、首はまわらない、
歩くのが痛くてつらいというような状況にまでなってしまいました。

顔からはジュクジュクした液が出て、それが乾燥してしまう状況。もちろん体からも。

だからTシャツと皮膚がくっついてしまい、
脱ぐのが大変といった状況にまでになってしまった私です。

ちなみに
ステロイドは使っていなかったので、リバウンドではありません。
全身にアトピーが悪化した辛かった

そのような状況になってから、

はじめてアトピーである自身を恨みました。

また泣きました。

なんで自分だけがこんなふうになるんだ!

と。

自暴自棄になっていました。
イライラもけっこうしていました。

ただ学校で友達にそういった自暴自棄やマイナス思考的な
発言はせず、自宅でアトピーに対する思いをぶちまけていた感じです。

あ、勘違いしないでくださいね。
家で暴れるとか、そういったことはしていないですよ
イライラはしていましたが。

イライラする自分

一人で、イライラして、泣いたり、マイナス思考になって
落ち込んでいたり、親に反抗したりする感じでした。

この高校時代の悪化から、アトピーはこんなにも
つらいものなのだと理解したのです。

アトピーとはどういったものなのかということを
本当に理解しはじめたと言えるかもしれません。

高校生のときのアトピーに対する思いまとめ

アトピーの病気というのは、人により症状の度合いが全く違います。
その症状の度合いにより、精神的な面でのダメージも大きく違うものです。

高校時代の経験ですごくわかりました。

ちょっと湿疹がある程度と、顔も含めて全身悪化では、
本当に精神的ダメージが違います。

楽しい高校生活というか、学生時代にアトピーで
苦しむのは本当につらいものでした。

ただ唯一の救いがその時にはありました。
それが彼女です。
そのお話については別ページで書いていますので、
こちらをご覧ください。

⇒後日追記予定

アトピーは確かに皮膚の病気ですが、精神的な面での
ダメージもケアが必要だと今では思っています。

-アトピーの気持ち

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.