地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと顔

私が経験した症状別のアトピー顔の状態の変化についての体験談

投稿日:

アトピー顔の状態の変化

顔に出るアトピーの悩みというのは、本当に深いです。
そして精神的にとても辛いものです。

正直、私は全身アトピーが超絶悪化したことが何度かあるわけですが、
体は悪化してもいいから、顔くらいはアトピーでないでほしいと思ったことが何度あるかわかりません。

さてそんな私の顔に出たアトピーですが、何も最初から、超絶悪化したわけではありません。

いくつかの症状というか状態の変化をしてきたので、
今回はそんなアトピーの症状別、顔の状態変化について自身の体験談を書いてみました。

ざっくりと私の顔のアトピーの状態を振り返ってみると、
3つの症状がありました。それぞれの顔に出たアトピーの症状別の話がこちらです。

初めて顔にアトピー症状が出た時の状態

初めて顔にアトピー症状が出た時の話をしたいと思います。

この時は、中学生の時ですね。

顔の肌は、まだきれいな肌色。

普通の人とまったくもって変わりのない肌でした。

そんな私が突如として顔にアトピー症状が出ました。

この時に出たアトピー症状ですが、

いかにもアトピー肌だというような症状ではありませんでした。

このいかにもアトピー肌というような症状というのは、
色が赤黒く、顔の肌が全体、ザラついているというような状態ではないということです。

じゃあ、どういった症状だったのかというと、

体にあせもって夏になると出ることがあるじゃないですか。

肌色の肌の中に、赤い湿疹がバーッと広がる感じの。

初めて顔にアトピーが出た時は、そんな感じでした。

顔がかぶれて赤い湿疹が出たような感じ。

だから、まだこの頃の顔の肌は、赤い湿疹が広がりましたが、
肌の色もきれいな肌色の部分が見られる状態でした。

顔にアトピーの赤い湿疹症状からの回復速度

顔に赤い湿疹が広がったアトピー湿疹。

この時のアトピーの回復速度は、どうだったのかというと、比較的、早く改善しました。

たぶん、こういった状態のアトピーは比較的、改善するのが早いものなのでしょう。

この後、劇的に顔に出たアトピーが悪化した私が振り返ると、それが良くわかりました。

こういった赤い湿疹が広がる感じのアトピーは綺麗に改善する可能性は大きくあると言えるでしょう。

顔に出たアトピー症状が超絶悪化したときの状態

高校時代に、顔に出たアトピーが超絶悪化しました。
誰が見ても、いかにもアトピー肌だとわかるような感じ。

肌は赤黒く、肌はボロボロ、さらにひどいとジュクジュクしたりするなど本当に大変でした。

芸能人でいうと、ネップチューンのホリケンさんですかね、
よくネットでアトピーがひどいとか言われていましたが、
あの状態をもっとひどくした感じでした。

ここまで顔のアトピーが悪化すると、改善するのが本当に難しいです。

というか、改善するまでに時間はかかりますし、
綺麗な肌に戻るのはかなり難しいと感じました。

残念ながら、私の顔に出たアトピーは、自分で綺麗な肌色の肌に
戻ったということは、ほぼないという感じでした。

入院するまでは。

顔のアトピー症状が超絶悪化から治まった時の状態

さて3つ目の顔に出たアトピー症状ですが、超絶悪化してから、
顔の肌は綺麗に戻ることはなかったと上記で書きました。

では、どういった状態になったのかというと、

一見すると、肌のボロボロ感はありません。

肌の赤黒い感じもなんとか改善しました。

しかし、顔の赤みがひどく目立つようになったのです。

これが私の顔に出たアトピーの3つ目の症状です。

肌は改善した感じがしましたが、赤みがひどくまったくもって改善しませんでした。

この高校時代に超絶悪化してから以降、顔のアトピーによる赤みに関して、
ずっと悩まされ続けることになったわけです。

私が経験した症状別の顔の状態の変化についての体験談まとめ

それでは私が経験した顔に出たアトピーの症状別の状態について
まとめてみたいと思います。

【赤い湿疹が顔に出るアトピー症状】

  • 比較的、早く改善する
  • 綺麗な肌に戻る

【いかにもアトピー肌といった顔の肌状態の症状】

  • 改善するのに時間がかかる
  • 肌触りはツルツルでも顔の赤み、色味がきれいな肌色に戻らない

【アトピーによる顔の赤みが出ている肌状態】

  • 顔の赤みはなかなか改善しない

といったことを私の経験上、感じています。

ここで思うことは、2番目の「いかにもアトピー肌といった顔の肌状態の症状」
にまでなると、顔の肌の色、状態というのは改善するのは
けっこう難しいと思いました。

特に顔の赤みに関しては、思うほど改善しないと。

だから、顔にアトピー症状が出た人は、いかにもアトピー肌だというような肌状態にならないよう、悪化しないように早めに食い止めるのが一番すべきことだと私は思っています。

と思っていますが、アトピーはそう簡単に悪化を防ぐのって難しかったりするので大変です。
なので、こういった時は、やはりステロイドに頼るのが良いのかもしれません。

ってことを書いていますが、私自身、基本、ステロイドを使わない方針でアトピーを改善を目指してきた人間なので、ステロイドを使うべきだとは私の口からは何とも言えないです。

ただ今思えば、悪化する前にステロイドを使い症状を抑えるという選択肢があっても良かったのかなと思ったりしています。

なぜなら、アトピーによる顔の症状が、肌がボロボロ、肌が赤黒くなるといった肌状態になってしまうと、顔は綺麗な肌色の肌に戻すのは、かなり厳しいと実感したからです。

今の私は、たしかにアトピーは以前に比べれば改善したと言えます。

しかし、顔の肌の色に関しては、やはり綺麗な肌色ではなく、若干、赤みというか赤黒い感じの部分もあります。

見る人が見れば、アトピーだとわかるかもしれません。

今のところ、私の顔のアトピーの症状改善は、これが限界のようにです。

顔にアトピーが出る前の綺麗な肌色の肌にまで戻ることは、今のところありません。

本当に顔に出るアトピーの改善というのは、難しいです。 

ちなみに体、上半身に関しては、アトピーだとわからないくらいな綺麗な状態に戻っています。

体は悪化しても、意外ときれいな肌に戻るという経験は、何度もしています。

そう考えると、体に出るアトピーは綺麗な肌に戻りやすいのかな
というのが私が経験してきたアトピーから感じていることです。

こんな記事も書いています。

以上、私が経験した症状別の顔の状態の変化についての体験談の記事でした。

-アトピーと顔

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.