地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピー原因・症状関連

アトピーと便秘、腸との関係性は?断食でお肌は綺麗になるか体験談

投稿日:

アトピーと便秘

アトピーの原因というのは、ハウスダストだけが影響して悪化しているわけではありません。

花粉が影響してお肌が荒れたり、アトピーが悪化している可能性もあります。

しかし、それ以外に考えられるアトピーの原因としては、
便秘、腸の状態が影響している可能性も大いにあるのです。

残念ながら、私は皮膚科でアトピーと便秘、腸との関係性について話を聞いたことはありません。

ただちょろっとどこかでアトピーの原因として便秘や腸の状態が影響しているという話を聞いたことがあるくらいです。

しかし、実は、私自身、自分のアトピーの原因は便秘や腸の状態が影響しているのではないだろうかと感じたことがあるのでその体験談を書いてみました。

また入院時に、実はお腹の中のものを綺麗に出す断食というのも行われていたので、そのお話も書いてみましたので参考にしてみてくださいね。

アトピーと便秘と腸の関係について自身の体験談

実は私、学生時代というか若いころはずっと便秘だったんです。

正直、笑えないくらいひどい^^;

出ないときは、2週間出ませんでしたから・・・

だから結局、コーラックを飲んで出すというような日々を過ごしてきたのです。

出ても少ししか出ないときがほとんどで、慢性的な便秘と言える状態でした。

今思えば、アトピーが悪化した中学時代、そして劇的に悪化した高校時代は便秘だったなと思うわけです。

その後も、大学、大学卒業後も便秘でしたしね。

だから、体は良くなっても、また悪化したりを繰り返しをしていたのかもしれません。

え?今のアトピーの状態と腸の状態はというと、

アトピーの調子は良いですよ。

つい先日、健康診断だったのですが、問診してもらった際に、体を見て、

「アトピーだとまったくわからないくらいお肌がきれいですね」

と言われました。

まあ顔も良くなったと言えば良くなりましたが、まだ赤みが少なからずあり、
綺麗な肌色とまではいかないのが残念なところです。

さて腸の状態についても調子が良いです。

便秘はしていません。

コーラックなどの薬を飲むしかない私がようやく見つけた自分に合った便秘解消法が見つかったからです。

その便秘解消法については、ここでは書きません。
別途、私の便秘解消法について記事を書きますので、便秘の人は読んでみてください。

2週間もお通じがなかった私が見つけた便秘解消法

アトピーが超絶悪化していたときの腸の状態

アトピーが超絶悪化していた時の腸の状態ですが、間違いなく超便秘でした。

上記で書いたように2週間まったくでないというような時だったと思います。

まあこれだけ長期間、便も出なければ、アトピーではない人だって、
お肌に影響を及ぼすであろう状態だと言えます。

アトピーで入院した際の治療法~便秘対策と漢方

漢方療法

私はこのサイトで、何度もアトピーで10ヵ月以上入院をしたということを書いてきています。

そういえば、私が入院した際、先生から即刻入院を言い渡されたわけですが、その時の腸の状態については書いていませんでしたね。

即刻入院を言い渡されるくらい驚くべきアトピーが悪化していた時の腸の状態はというと、すっごく便秘でした。

もちろんそのことは、先生にも話をしました。

入院していた病院のメインの治療法の一つが漢方でした。

なので処方してもらう漢方はというと、

  1. 顔の赤みを抑える
  2. 便秘解消

という2つを改善するための漢方を私は処方してもらっていました。

その漢方は煎じて飲むタイプの漢方。

だから、すっごく不味いです。

もちろん処方してもらう内容にもよりますが、私の漢方は激マズ。

臭いはすごいし、本当に困りました。

さてその漢方を飲むとどうなったのかというと・・・

便秘は解消しました。

便秘解消というよりも、飲むと、トイレ行きたくなる感じ。
朝、漢方飲んだら、お腹のものが全部出るくらいな感じでした。

だから、腸の中もかなりすっきりしていたと思います。

ちなみに10ヵ月ほど入院をしていたのですが、退院時には、
たしかにアトピーが良くなり、顔の色も肌色に戻っていました。

ただ私が入院していた病院の治療法は、漢方、温泉療法、食事療法をまとめてできる場所だったので、一概に漢方だけが効いたというわけではないかもしれません。

ただ何にしても便秘解消して、肌がきれいになったのは事実でした。

アトピーで入院した際の治療法~断食

断食

実は私が入院した病院では、希望者には断食することができました。

もちろん先生指示の元、また管理栄養士さんが作る食事があるからこそ、安心してできる断食です。

さてこの断食、試す患者さんもいました。
また何度か入院している患者さんも入院のたびに断食を行う人もいたと記憶しています。

断食をして、宿便を出す。

これをすると、肌の状態がまったく違うということを実感している女性がいました。

その人も、アトピーは全身。
見た目も、いかにもアトピー肌でガサガサ。

その女性は、たしか私が入院していた時にはすでに3回目くらいの入院だったと思います。

その女性が断食を行う理由は、やはり断食をすると、

肌がきれいになるから、ツルツルになるからということでした。

この女性は、断食をするとたしかに良くなったなという感じまで症状は改善していたと記憶しています。

ただ断食をやめてある程度、経つと、アトピーは悪化とまではいきませんが、肌の調子は悪くなるみたいでした。

断食をした人は目に見えてアトピーは良くなったの?

上記の女性が断食を行った効果については、アトピーの状態が良くなったと言えます。

ただこのようにアトピーが良くなった人ばかりではありません。

まあ上記の女性はアトピーがひどかったから、その変化が大きく感じられたのかもしれませんが。

アトピーが軽度の人が断食を行い、アトピーが完全に消えたという人はいませんでした。

ただ肌はツルツルになった、綺麗になったという話は聞いています。

一概に断食を行えば、アトピーが完全に治まるというわけではないですが、断食をするのもアトピーを改善する一つの方法であるというのは間違いないのだろうと感じました。

ただここで注意したいのは、知識がないのに勝手に断食をするのは危険だということです。

上記の話は、先生の指示に従い、また管理栄養士さんが見守りながら行う断食だったから安心して実践できたというわけです。

なので、先生も、退院してからも断食を定期的にするようになんてことは一切、言いません。

あくまでも断食は、入院している時だけ行うアトピー改善法の一つというだけです。

インフルエンザでお腹を下したらアトピーが良くなった!?

実は、私の弟もアトピーです。
同じように全身アトピー。

皮膚の状態は良くなっても、肌の色は赤黒い感じで見た目からしてアトピーだなとわかるくらいです。

さてそんな弟が体験したことがこちらです。

インフルエンザにかかりお腹を下したらアトピーが良くなった

という体験です。

先ほども書いた通り、弟のアトピーも全身に出ています。
また肌の状態も良くありません。

そんな弟が冬、インフルエンザにかかり、すごくお腹を下したそうです。

その結果どうなったのかというと、母親が驚くほど、
皮膚が綺麗になり、アトピーもかなり改善されたと連絡がありました。

その時に話をしたのが、

やっぱりアトピーと腸は関係しているんだ

なということを話しました。

たしかに私のアトピーも今は便秘知らずということが影響しているのかわかりませんが、お肌がきれいです。体なんてアトピーだとわからないくらいですからね。

意外とアトピーの原因に腸というのは関係しているのかもしれません。

アトピーと便秘、腸との関係性についてまとめ

上記で紹介した私の便秘とアトピーの状態の体験談はどうでしたでしょうか?

私は中学時代、減感作療法を行うためにアレルギー検査をしました。

どれもこれもアレルギー反応が出てしまい、数値が高すぎてどれがアレルゲンなの判断できない状態だと先生に言われた経験があります。

アトピー = ハウスダスト

などのアレルゲンが原因だと言われるのが一般的なので、私もずっとそう思っていました。

だから一生懸命、両親は部屋を掃除ししてゴミひとつないくらい綺麗な部屋、環境つくりをしてきましたが、アトピーは改善せず途方に暮れていました。

他にアトピーの原因があるのか?といろいろ考えました。

食事なのか、水なのか、空気なのか?

やっぱり何かしらのアレルゲンが大きく影響しているのか?

ストレスなのか?など。

思い当たることをずっと考えていた時期もありました。

今、思うところは、私のアトピーが悪化する原因の一つは、腸が関係しているということです。

便秘解消してずいぶん経ちます。

体の肌は綺麗になりました。
顔については、肌はツルツルです。
ただ赤み、色味までは便秘解消、腸の状態よくなっても完全に治まるところまではいってきません。

まあゾンビのようなタダれた肌、赤黒い肌だったころに比べれば、
ものすごく良くなったから十分と言えるのですがね^^

やっぱりもっときれいな肌の色に戻したいという気持ちが強い私です。

以上、アトピーと便秘、腸との関係性は?断食でお肌は綺麗になるか体験談の記事でした。

-アトピー原因・症状関連

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.