地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと顔

アトピーによる顔の赤みを抑えるクリーム、プロトピックを塗ったときの辛さとその後の変化のお話

更新日:

アトピーによる顔の赤み

私がアトピーで入院したのは、先生も驚愕するくらい
全身悪化したことで、即入院を言い渡された私。

そんなアトピーを良くするために入院をしたのですが、
個人的には顔の赤みをどうにか抑えたいという気持ちもありました。

自分の中では体がひどい状態の改善より、顔の赤みを改善したい
というのが一番の目的でした。

さてそんな入院していた時くらいに出たアトピーの新薬だった
プロトピックについて記事を書いてみました。

アトピーによる顔の赤みを抑えるクリーム、プロトピックを勧められた

プロトピックを勧められた

私が入院していた時、顔のアトピーを改善するクリームとして
新しく出た薬がプロトピックでした。

顔の赤みをどうにかしたいと先生に伝えていた私。

プロトピックを軽く勧められました。

しかし、私はあまり薬を使う気にはなれずに断りました。

とりあえず処方してもらっている漢方に顔の赤みを抑える
効果のあるものを入れてもらっていたので、プロトピックはスルーしました。

さてそんな顔の赤みを抑えるクリーム、プロトピックですが、
入院していた当時、数人の人がプロトピックを使っていました。

その人達から聞いた話をご紹介します。

プロトピックで顔のアトピーや顔の赤みは治まるのか?

入院患者の中にはプロトピックを使った人たちがいます。

その人たちがプロトピックを使いどうなったのか?
というと、使わないより使った方が、断然に顔のアトピーは良くなりました。

たしかに顔の赤みも完全ではなくとも、
治まっているというのは目に見えてわかりました。

しかしわかったことがあります。
これはすべての人に当てはまるかどうかわかりませんが、
顔のアトピーを良くする為にプロトピックを使った人たちの話なので、
参考にはなると思います。

それがこちらです。

  • プロトピックを使い良くなっても使い続けないと抑えられない
  • 肌の状態によっては、とても辛い思いをする
  • 肌が良くなるがなんとなく違和感がある

というものです。

プロトピックを使い良くなっても使い続けないと抑えられない

プロトピックを使い顔のアトピーが良くなっても、
プロトピックを使わないと元に戻るということです。

もちろん全員そうなるかは、さすがに私の皮膚科の先生ではないのでわかりません。

ただ入院時にプロトピックを使っていた人たちは、
顔に出ているアトピーも重度だったので、プロトピックを使い続けないと、
また元に戻るような感じでした。

顔の一部が赤いとか、アトピーがひどいというのではなく、
顔全体に症状が出ている人たちなので、やはりある程度は、使い続けないと
いけないのかもしれません。

私が知っている限りでは、プロトピックを断ち切っても、
ずっと症状が治まっているという話は退院後に聞いたことがありません。

少なからずプロトピックを使い、何とか抑えているという感じでした。

肌の状態によっては、とても辛い思いをする

肌の状態がひどい人ほどだと思うのですが、プロトピックを使うと
顔がものすごく熱くなり、大人でもその日は何もできないくらい、
寝たきりで過ごすしかないくらい、顔が熱くなり、そして痒みが出るそうです。

顔が熱くなり辛い思いをする

そして痒みがあり、掻いてしまうのですが、それでもアトピーが良くなるから
驚きだとプロトピックを使った人たちはみんな語っていました。

肌が良くなるがなんとなく違和感がある

プロトピックを使い顔の肌が良くなるのですが、
使った人の中には、良くなった肌に違和感を感じるという人がいました。

普通の人の皮膚ではない感じだと。人工的に作られた肌みたいな。

まあこれについては、1人だけそう感じていると話していただけなので、
みんながみんなそういった風に感じ取るかどうかはわかりませんが、
気になったので書いておきました。

顔の赤みを抑えるならクリームについて最後に

正直、アトピーによる顔の赤みを抑えるクリームというのは、
そこらへんのドラッグストアなどにはおいていません。

またそういったクリーム自体の販売はないです。

あるとすれば皮膚科でもらえるプロトピックが
顔のアトピーを改善し、赤みも抑えることができるクリームと言えるでしょう。

私はプロトピックを使っていないので、お勧めの薬だとかいうことは言えません。

ただ私のように薬を使わずに
顔のアトピーを改善したり、赤みを抑えようとするのは
ベストな選択肢かと言われると、そうではないとも思います。

なぜならそのせいで、私の人生の大半をアトピーにる顔の赤みで
ずっと悩みながら人生を送ってきたのだからです。

薬を使い、顔の赤みを抑える、アトピーを抑えることができれば
学生生活や恋愛などを楽しむことができたでしょう。

今思うと、薬は使うべきだったかなと思うこともあります。

ただ言えることは、自分が納得できる方法でアトピーを
良くするために行動することだと思います。

なので、顔の赤みを抑えるためにプロトピックという
クリームを使わずに過ごしてきたことに後悔はありません。

-アトピーと顔

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.