地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

アトピーと生活

重度のアトピーである私の朝起きた時の布団の状態と掃除の体験談

更新日:

アトピーの布団の掃除

アトピーと一言でいっても、状態がいろいろあります。
私が小学生のころまでは、本当に関節部分に湿疹がある程度
だったので、掃除も楽でした。

楽でしたと書きましたが、さすがに子供なので、
親が掃除をしてくれていましたが、毎日、普通に掃除をしていました。

しかし、私が超絶悪化をしてからは、アトピーの掃除は
すごく大変なものとなりました。

ここでは、そんな重度のアトピー、全身にアトピーが悪化した時の
アトピーの皮膚のカスの量の話と、その掃除の大変さの体験談を書いてみました。

私は40年近くアトピーを経験してきただけで専門家ではありません。
なので、ダニがどうだから、こうしたほうがよいとか、どういった対策をすべきなのか?
というようなことは書きません。

あくまでも私というか、私の親がしてきてくれたことと、
そのアトピーの掃除の大変さのお話を書いているだけです。

子供がアトピーでとても大変だと悩んでいるお父さん、お母さんに
少しでも私の体験談が役に立てればと思います。

あと私が掃除もしない部屋にいてアトピーが悪化したのか?
しなかったのか?ちょっと変わった体験談も紹介していますので、
参考にしてみてくださいね。

全身が重度のアトピーだと朝起きた時、布団はどうなっているのか?

アトピーだと朝起きた時、布団はどうなっているのか?

さて、ここで書く話は、たぶん軽度のアトピーの人では想像もつかない
話だと思います。

私も高校時代に劇的に悪化して、アトピーがひどいと布団や部屋は
こんなことになるんだと驚いたくらいですから。

本当にアトピーの状態が地獄だというだけでなく、
部屋も布団も地獄のような状態になるんです。

アトピーがひどくないときは、寝ている時に掻いたとしても、
血が布団やパジャマに付いてしまうということくらいだと思います。

しかし、全身がアトピー悪化してしまうと、その程度ではすみません。

どうなるのかというと、

皮膚の皮、仮にこれを皮膚のゴミと呼びましょう、

皮膚の皮が大量に出る

これがものすごく大量に出るんです。

これだとイメージしにくいと思うので、これだとイメージできるのではないでしょうか?

夏に日焼けをすると、日焼けで皮膚の皮がむけることって
あるじゃないですか。

あれのような感じですね。

実際には日焼けでむける皮よりも、もっと分厚い感じだと思いますが、
まあそれが大量に出るんですよ^^;

夜寝て、朝起きるとどれくらい皮膚のゴミがでるの?

夜寝て、朝起きたら、どれくらい皮膚のゴミがでるのかって?

これ聞いたら驚きますよ。

一番、状態がひどいときは、

両手いっぱいに皮膚のゴミが落ちていて困る

両手いっぱいに皮膚のゴミが落ちています・・・

ウソのようで本当の話です。

一生懸命、皮膚も正常な状態に戻そうとがんばっているのでしょう。
かさぶたみたいになりますが、それがボロボロと落ちてしまうんですね。

正直なところ、私はそんなに掻きむしっていないと思います。
こすることはしますが。

皮膚がボロボロぼ状態なので、ちょっと服に擦れただけでも、
皮膚のゴミがポロポロと落ちてしまうのです。

これには自分も驚きましたが、親も驚いたのは言うまでもありません。

当たり前のことを書きますが、朝起きた時、皮膚のゴミ、カスが少なくなってくると、

アトピーが良くなってきているんだなということがわかる
バロメーターみたいなものになっていました。

家中、私の皮膚のごみだらけ

私の皮膚のごみだらけ

朝起きたら、布団は、私の皮膚のカスの山。
そんな状態なので、私が家の中を歩くだけで、あちこちに
皮膚のゴミが落ちている状態に。

別に掻いているわけではないんですよ。

体を動かすたびに、皮膚がポロポロ落ちる感じです。

私の両親は、さすがに家の中で目立つので、
専業主婦の母は、1日中、掃除をしている感じでした。

布団の掃除、洗濯、部屋の掃除、床掃除。

しかし私が学校から帰ってくると、またカスが
床にどんどん落ちてしまうという繰り返しだったのです。

重度のアトピーだった私の布団の掃除方法とダニ対策

重度のアトピーだった私の布団の掃除方法とダニ対策
についてお話をしたいと思います。

って書きましたが、普通の掃除ですよ。

ただ母も、父も、私のアトピーを改善するには、
ダニを徹底排除すべきだということを思っていたので、
念入りに掃除をしてくれていました。

布団は毎日干し、シーツは毎日洗っていました。

そしてダニ対策ですね。

布団乾燥機っていうのでしょうか。
ダニ対策ができるやつを購入して、使っていました。

冬場はあれいいんですよね。

温めてくれるから、あれを使った後に布団に入ると
あったかくて最高でした。

確かこんな感じのものですね。

ちなみにこの布団乾燥機は、
アトピーが悪化したときでない時に使っていたと記憶しています。

え?

布団乾燥機を使い、アトピーに効果があったと思うかって?

とても微妙です。

ハウスダストもアレルギー持っていますし、それ以外、
あれもこれもアレルギー反応が出てしまうので、
本当にハウスダストが私のアトピーの原因になっているのか?
というのはとても疑問です。

重度のアトピーだった私の部屋の掃除

私の部屋の掃除

重度のアトピーだった私の部屋の掃除ですが、
上記でも書いた通り、私が家にいるだけで、あちこちに
皮膚のカス落ちてしまう状態。

ということで、頻繁に親は掃除をしてくれていました。

掃除機はもちろん、濡れた雑巾で床掃除も。

もちろんホコリなどもしっかり掃除をして、
ホコリひとつないくらいにまでしようと頑張ってくれていました。

母親は1日にどれだけ掃除をしていたことか・・・

本当に徹底的に掃除をしてくれていました。

今思えばすごいなと。
本当に感謝しています。

本当にアトピーは掃除をしっかりすれば改善するのか?

さて私のアトピーですが、掃除をしっかりしたことで、
改善したのか?ということについて書いておこうと思います。

正直、しっかり掃除をすれば、アトピーが良くなるなら、
本当にそうであってほしかった。

原因がしっかりわかれば、対策を取ればいいだけですからね。

たしかにしっかり掃除をしてくれたおかげで、アトピーが落ち着いた
こともありました。

しかし逆に、また悪くなることも多々ありました。

ちなみに私が学生時代、アトピーが一度、劇的に悪化してから以降は、
母の掃除方法というか、掃除内容は変わっていません。

毎日、布団を干し、シーツを洗い、徹底的に掃除をしてくれていました。

しかしそれでも良くなることもあれば、悪化することもあるという
ことを繰り返してきた
私です。

残念ながら、掃除をしっかりしただけで、アトピーが目に見えて
改善してきたということは「ない」というのが私の結論です。
ただアトピーを悪化させないとか、少しでもアレルギーの原因となるものを減らすという意味では有効だとは思います。

私が長期間、掃除をしない部屋で生活をしてアトピーは悪化したのか?

そしてこれもまた興味深いであろう話を書こうと思います。

ハウスダストなどのアレルギーの数値が高い私が、
3週間だったか1か月くらい布団を干さない、掃除しない部屋で
過ごして、アトピーは悪化したのか?

という話です。

私、車の免許は合宿で取りました。

そう合宿です。

まあ長期間、泊まるということで、その時は、アトピーも落ち着いていました。
たぶん、皮膚の状態が良かったので、合宿へ行くことを決めたわけです。

さてそんな車の免許の合宿ですが、
布団の交換なんてものはなかったと記憶しています。

ずっと干さない布団で寝ていました^^;

そんな状態で過ごして、アトピーは悪化しなかったのか?

というと・・・

そう、悪化しなかったのです。
いや、逆にアトピーが少し良くなったんじゃないか?

と思えるくらいだったと思います。

親も合宿に行くまでは心配していました。
しかし家に帰ってきて驚いていたのを今でも覚えています。

よくそういった部屋で過ごして、アトピーが悪化しなかったなと。

もしかしたら、実家にいる方がアトピーが悪化するんじゃないか?
なんてことを話していた記憶があります。

アトピーは悪化しなかったう

ということで、干さない、掃除しない布団で過ごしても、
アトピーは悪化しなかった私。

ちなみにハウスダストのアレルギー検査の数値は、
とんでもなく高いですよ。

そんな私がそういった部屋で過ごしても、まったくもって
なんでもなかった・・・

こういった経験から、本当にアトピーが悪化する原因って
見つけるのが大変だなと思うのです。

合宿でアトピーが悪化しなかった原因を考えてみた

干さない、掃除しない布団で過ごしてもアトピーが悪化しなかった
原因はなんなのか?

自分なりに見つめなおしてみたことがあります。
そこで考えられるのはこれです。

  • 親元を離れてすごした
  • 地方だったので空気、水が良かった

ということが考えられるかなと。
これについてちょっとお話しましょう。

親元を離れてすごした

親元を離れて過ごしたというのは、
要は親がいないところで、開放感、あるいはリラックスして過ごせた
のではないかということです。

実家に居たくないというわけではないですが、
やはり家にいれば、親に、あーだ、こーだ言われたり、
口うるさくいわれることってあるじゃないですか。

そういった環境から解放されたことで、
ストレスからも解放されたのかなと。

昔、

アトピーが悪くなる原因は、親の過保護がイケないんだ!

なんてことを言われたこともありますが、
もしかしたら、過保護すぎたのがいけなかったのか?
なんてことをちょっと思ったりもする私です。

地方だったので空気、水が良かった

空気、水が良かった

そして二番目ですが、やはりアトピーと環境は
なんらか関係しているのではないかと振り返ると思うわけです。

自然があり、空気は東京よりも良い。
そしてたぶん、水も良いだろう。

車の免許の合宿は大学時代。

そして大学卒業して2年後くらいに地方に入院。

※私のアトピー入院体験談も書いています。

入院してよくなったのも、温泉があったからかもしれませんが、
空気、水が良かったのかなと思うわけです。

※追記
あとようやく私のアトピーが良くなったと考えられる原因について
記事を書きましたので参考にどうぞ。

そう考えると、大学時代に地方に免許の合宿に行っても、
アトピーが悪化しなかっただけでなく、逆に少し良くなって
帰ってきたというのは、そういったことがあるのかなと思うわけです。

まあ地方に行き、リラックスできたということも
アトピーが良くなった要因なのかもしれませんが^^

アトピーと掃除の関係まとめ

たしかにダニなどが原因でアトピーの原因になりえる
というのは何となくイメージが付きます。

しかし、私が長年、経験して思うことは、
アトピーの人は、布団や部屋の掃除をすれば、良くなるものだという考えは、
ちょっとどうなのだろうかと思うのです。

もちろんアトピーを悪化させない、またアトピーをよくするために
ダニを排除することなどは大事だと思います。

しかし掃除をするだけで、アトピーが良くなるという
人は少ないのではないだろうかと思います。

掃除するだけでアトピーが改善するなら、
そういった対策商品がどんどんでているはず。

そして多くのアトピー患者が改善していっているはず。

しかし現在はそういったことはありません。

アトピーの原因は本当にいろいろありますからね。
掃除をすればアトピーが改善する、アレルギーが改善するという
考えだけでなく、幅広く物事を考えて、アトピー対策することが
大切なのだと私は思うわけです。

こんなアトピー体験談も書いているので参考にどうぞ。
アトピー肌で乾燥がひどいことで起こり得ることとその対策について体験談

-アトピーと生活

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.