地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

入院体験談

体験から私の考えるアトピー入院施設に入るメリット&デメリット

更新日:

アトピー入院

もうアトピーがひどすぎて、アトピーという病気かすら
わからないくらい肌がジュクジュク、ボロボロ、そして肌が固くなった私。

そんな私は即刻入院を言い渡されたのは、
入院までの話の記事で書いているので、読んだ人は
どういった流れで入院したのかわかっていると思います。

まだ読んでいない人はコチラ

さてそんなアトピーで入院を体験してわかった
入院するメリットデメリットについて感じたことを書いています。

※あくまでも私が入院をした施設に関するメリット、デメリットです。
正直、私がアトピーで入院したような施設はそうないと思います。

私が入院した施設で感じたアトピー入院メリット

私が入院した施設で感じた、この病院に入院するメリットは
いくつかあります。
アトピーで入院するメリット

それがこちらです。

  • 自然いっぱいの空気が良い地方
  • 看護婦さんみんなフレンドリー
  • 暗い雰囲気がない明るい病院
  • 温泉療法、食事療法が試せた
  • 同じ悩みを持つ人と話ができた

それではそれぞれについて簡単に説明したいと思います。

自然いっぱいの空気が良い地方

自然いっぱいの空気が良い地方

普段は都心での生活をしていた私。
やはり自然に近い場所で暮らせるということで、
空気、水といったものは違います。

普段の生活と違う場所での生活を試すことができた
ということは、大きなメリットでした。

看護婦さんみんなフレンドリー

看護婦さんみんなフレンドリー

看護婦さんはみんなフレンドリーであったという
部分はもちろん入院してわかったこと。

どんなにアトピーがひどくて精神的に病んでいても、
いつのまにか仲良くなり、精神的に病んでいる自分は
どこへいったのか忘れるくらいでした。

看護婦さんたちと接していれば、アトピーの相談もできるし、
それ以外の相談もできるくらい接しやすい人たちだった
ということは、とても大きなメリットだったと思います。

暗い雰囲気がない明るい病院

入院というととても暗い雰囲気なイメージがありますが、
私が入院した病院は、そういった雰囲気が全くない場所でした。

病院に入院しているって感じがない

という言葉が正しいかもしれません。

学生寮で過ごしているみたいな。

正直、アトピーで入院というと、みんなすごく暗い感じなのかと
思っていましたが、まったくそういったことがなく拍子抜けしました。

まあそういった環境を作っているのは、
看護婦さんたちのフレンドリーさにあったのかもしれません。

温泉療法、食事療法が試せた

温泉療法

私のアトピーは検査をしても原因がありすぎて、まったくわからない
ということを他のページで書いています。

アトピーの原因がよくわからない

常に私のアトピーの原因は何なのか?
私に合うアトピーが良くなる方法はないものか?

とずっと考えて生活してきました。

その中で、試してみたいと思っていたのは、温泉療法や食事療法。

こういったものはなかなか試すことができないものなので、
入院で試すことができたというのは大きかったです。

まあ入院時に入っていた温泉がすごく効いたとか
食事療法を試して、すごく変化があったということはなかったですが、
試せたことに大きな意味があったと思います。

同じ悩みを持つ人と話ができた

あとはやっぱりこれだと思います。
アトピーで入院する人はたいてい、重度の患者さんだと思います。

アトピーの人は周囲にいても、重度のアトピーの人は
そう周りにはいないと思います。

私の人生の中で、普段の生活の中で、私と同じくらい
アトピーが重度だった人はいませんでした。

しかし、入院することで、同じ悩みを持つ仲間と
出会うことができ、そして話をすることができました。

自分にはないアトピーの経験、体験などを聞けて、
とても勉強になったのを今でも覚えています。

私が入院した施設で感じたアトピー入院デメリット

正直、デメリットはなかったなと思っています。

先生、看護婦さんの対応は最高でしたし、
アトピー療法もいろいろ試せました。
メインは漢方ですが。

ただ一つ言えることは、

この生活を一生続けることはできないということです。

たとえ入院施設でアトピーが良くなっても、いつかは
元の生活に戻るわけです。

当たり前のことですが^^;

退院後も、アトピーの良い状態が維持するのは、
かなり難しいというのはデメリットかなと。

できることなら、普段の生活の中で
アトピーを良くする方法が見つかればよいのですが。

一般的なアトピー入院施設に入院するメリット

アトピーで入院したのは地方にあった病院の一か所だけで、
他の入院施設のことは経験していないので、あくまでも
私の想像ですが、メリットを書いておこうと思います。

アトピーで一般的な病院で入院するメリットは

  • アトピー治療に専念できる
  • 同じ悩みを抱える人と出会える

ということが挙げられると思います。

また入院することで、精神的に楽になる部分も
人によってはあるでしょう。

私のように地獄のような状態での生活はとてもつらいです。
そういった状況を一刻でも早く抜け出すことができる
最善策は入院なのかもしれません。

一般的なアトピー入院施設に入院するデメリット

これは、上記のデメリットの部分でも書いたように、
どの病院へ入院しても同じですね。

元の生活に戻ってもアトピーが良好な状態が続くとは限らない

ということでう。

結局、入院して良くなっても、また普段の生活に
戻らなくてはいけないわけですから。

そう普段の生活の中でアトピーが良くなったわけではないから、
良い状態を維持できるかはわからないということです。

また中には入院しているからこそできるような治療法もあります。

普段の生活では、これをするのは難しいだろうというようなものも、
私は知っています。

とはいえ、そういったデメリットがあるとしても、
アトピーを早く少しでも良くしておくべきなので入院するという
選択肢はあって良いと思います。

それに自分のアトピーは良くなるんだという体験をするのも
プラスになると思いますので。

アトピー入院施設に入るメリット&デメリット最後に

アトピーで悩んでいる人の中には、入院したって意味がない
と思っている人もいるでしょう。

その気持ちもわからなくもありません。

私も入院するまで、そういったことを考えていた人間なので。

しかし

何もせずに現状を打破できない、変わらないのであれば、
入院という選択肢があるのも良いのかなと思います。

経験することで見えてくるものもありますので。

私自身、強引にではないですが、仕方なく地方へ診察に
行ったわけです。そこで強制入院を言い渡されなければ
一生、アトピーで入院はしなかったと思います。

今となっては、良い経験、良い思い出だったなと
先生、看護婦さん、また同じ仲間、そしてお金を出してくれた両親に感謝しています。

-入院体験談

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.