地獄のようなアトピー悪化を経験した私のアトピーの気持ちと心と皮膚の状態改善体験談

アトピーの気持ち

入院体験談

アトピー入院体験談その③~入院患者の話

更新日:

アトピー入院

アトピーで入院する人はそう多くはないと思います。
まあ実際に私も入院ということは本当に悪化したときに、
するのかなと考えた程度でしたから。

アトピーで入院といっても、いろいろな施設があるので、
どういった感じで入院するんだよとは言えませんので、
ここでは私が入院した施設の体験談を紹介しています。

正直、こんなストレスなく過ごせる入院施設はないだろうと
思える病院でした。今となってはなくなってしまったのは
本当に残念で仕方がありません。

一応、アトピーで悩んでいる人のなにか参考になれば
と思いこの記事を書いてみました。

アトピーで入院する前の自分の心の中

アトピーで入院をした私。
なんでここまで俺のアトピーはひどいんだ!

ここまで俺のアトピーはひどいんだ

なぜ自分だけが?

という思いの中、ずっと過ごしてきました。

学生時代の友達の中にもアトピーの人は少なからずいましたが、
自分ほどひどい人はいませんでした。

友達といるときは、マイナス思考的な面は見せませんでしたが、
家で一人になると、なんで自分だけこんなめにあうんだ・・・

とずっと心の中で思っていました。

周囲の人、知らない人に、

「アトピーだね」
「つらそうだね」

と言われることが本当に嫌だった私。

アトピーという言葉すら聞くのが嫌でした。

他の記事を読んでもらうとわかりますが、私のアトピーは全身ですが
特に顔がひどかったです。

ジュクジュクは治っても、顔の赤みは消えず、
また顔の肌の色は赤黒い感じになったりと、
明らかに普通の人のような肌色とは違う
ようになってしまっていました。

その結果、もう鏡を見るのが怖いと思うようになっていたそんな私です。

入院患者ににはどういった人たちが入院していたのか?

入院するまで、

「なんで自分だけがこんな目に合うんだ」

と思っていた私。

しかし入院をしてみてわかったことは、
世の中には自分と同じくらいにアトピーがひどい人がいる
ということでした。

別に他人と比べて安心したわけではありませんが、

同じ悩みを抱える仲間と出会えたというのは、
私の中ですごく大きな出来事となったのです。

アトピーの入院患者には、
下は赤ちゃんから、上は40代までいました。

そして入院患者は北は北海道、南は福岡だか
鹿児島の人が入院していたと記憶しています。

ただ多くは10代、20代、30代が中心。

だからとてもにぎやかな感じでした。

入院生活はどんな感じで過ごしたのか?

アトピーの入院生活ですが、アトピー自体は手術するようなものではありません。

本当に体全身に症状が出ていて動くことがつらいという人以外は
寝ている必要はないわけです。

逆に治療方針としては、アトピーだけでなく、健康のためにも
体を動かそうといった方針だったので、激しい運動はないですが、
ウォーキングなどが勧められていました。

病院内の雰囲気は?

上記でも書きましたが、入院施設と言うとなんか
イメージ的に雰囲気が暗いと思われがちですが、
まったくそういったことはありませんでした。

ほぼみんなアトピー患者なので、どんなにアトピーがひどくても、
周りは気にしません。

どうどうとアトピーである肌を見せることができるわけです。

看護婦さんも、慣れたもので、どんな状態であろうとも、
驚かないし、変な目で見ないです。

本当に丁寧に処置してくれました。

これには正直、驚きましたし、すごいなと感心させられます。

患者同士のコミュニケーション

本当に仲が良かったです。
年下も年上も。

同じ病気だからこそ、話せる分かり合える話が
できたというのは、すごく良かったと思います。

正直、地獄のようなアトピーを経験しているだけに、
自分は誰にも負けないくらいつらい思いをしてきたと思っていました。

しかし私とは違った部分で辛い思いをしている人も
たくさんいるんだなと実感しました。

たとえばステロイドによる副作用、リバウンドですね。
これを体験している人の話を聞くと、やはりかなり辛いものなんだとわかりました。

肌の状態により、いろいろ辛い思いをするんだと
理解した私でした。

アトピーで入院してみて私の中で変わった部分

アトピーで入院した私。その私が入院施設に入り
変わったことは何なのか?というと、

アトピーと向き合えるようになった

ということだと思います。
アトピーと向き合えるようになった

それまでは、

アトピーという言葉を聞くのが嫌い

でしたし、

自分がアトピーであることを認めることが嫌でした。

※現実的にはわかっていますが、たぶんどこかで受け入れたくなかった
自分がいたと思います。

また同じ病気を持つ仲間といろいろ話し合えた
ということはすごく私の中でプラスになったと思います。

退院時は、アトピーは良くなりました。
しかし退院後、少なからず、また調子が悪くなりました。

動くのがつらいほどではないですが、徐々に悪化し、
そして数年後に、突如、また全身悪化するなどを繰り返してきました。

アトピーが悪化するのは辛いものです。
しかし、精神的な部分に関しては、入院を経験して以降、
強くなったと思います。

アトピーである自分を受け入れることができた
ということなのかもしれません。

即入院を言い渡されたときは、本当に入院するのか・・・

と思っていましたが、入院経験は私の人生の中で
本当にプラスになった出来事だと今振り返ると思います。

-入院体験談

Copyright© アトピーの気持ち , 2018 All Rights Reserved.